北穂高岳で味わう至福のひと時

北アルプス登山、近所の散歩、旅行の記録や健康、反戦・平和への思いなどを、デジカメで撮った写真と一緒に載せています。

新聞・テレビ業界

テレビでみるほど田舎暮らしは甘くない! 私がかかわった失敗事例を話します

「コロナ禍」をきっかけにテレワークという離れた場所で情報通信技術を使って働くスタイルが広がってきましたね。その延長線上で、田舎暮らしを考える人が出てきたようです。 テレビの娯楽番組では、田舎での暮らしの楽しそうな部分だけ切り取ってオンエアー…

ノンフィクション『朝日新聞政治部』:「吉田調書」報道から分かる傲慢さが生んだ新聞離れ

新聞に一度載った記事を取り消し、「謝罪」した朝日新聞社社長。 (2014年9月12日付「朝日」朝刊1面トップ記事) 新刊本の帯(おび)に目が止まりました。「すべて実名で綴る内部告発 ノンフィクション」。なんだろう、と本のタイトルを読むと「朝日…

地方テレビ局は新聞社と同じ「マスコミ」でも体質が大違いでした

旧・首相官邸。 ひと昔前は「情報発信」を独占し、マスコミ界でふんぞり返っていた業界。それは新聞社と、そこで働く記者でした。 それが今やインターネットやスマホの普及で、だれもが「情報」を発信できます。そればかりか、新聞への不信が高まって、紙の…

地方テレビ局は南海トラフ地震におびえています

目次 2009年8月の「静岡地震」を思い出した わがアパートの実情 取材体制 静岡地震は東海地震と無関係というが・・・ 恐怖から押し入れに頭を突っ込んで寝る 静岡第一テレビの被害 2011年の≪3.11≫後 南海トラフ地震の被害想定 ヘリコプターが武…

伊豆大島で土石流の中でも生き残った地方テレビ局の中継用鉄塔

目次 台風の土石流で被災 「中継局」って何なの? どうして静岡のテレビ局が東京の伊豆大島に鉄塔を? テレビ放送が家庭に届く仕組み(静岡県を例に解説) 完成した中継局が被災 土石流発生! 1万世帯余りぐらい、放っておけばよい? 放送免許は総務省から…

地方テレビ局のヘリのカメラマンと人命救助

台風19号による大雨で、わが家の近くを流れる多摩川をはじめ、関東甲信・東北地方で、河川の氾濫が相次ぎました。 水が引いていく東京・神奈川の境界の多摩川(2019年10月13日午前8時撮影) 2019年10月13日朝、NHKテレビをつけると、 …