北穂高岳で味わう至福のひと時

穂高連峰を中心とした登山で見たものや思ったことを備忘録として書いています。登山による体の故障についても調べています。

疲れにくい歩き方

疲れにくい歩き方~③フラットフッティング~

雨や雪の日は、木や岩の上が滑りやすい 登りの歩き方 山に登る時は、道がでこぼこしていて靴が滑りやすいため、足裏全体で地面に平らに当たるように靴を置きます。「フラットフッティング」という歩き方で、基本技術の1つです。これをクセにするためには、…

疲れにくい歩き方~②猫のように歩く~

猫のように??? 「岩稜地帯の下りは猫のように歩いてくださいね」。登山学校で私たちが指導を受けた大学山岳部OBの先生から、こう言われました。 猫のようにって……? 猫はネズミや蛇を襲う時、「抜き足」「差し足」「忍び足」というタッチで歩きます。そ…

疲れにくい歩き方~①一本足で立つ~

初めて登った山らしい山は、東京近郊で人気のある丹沢山塊の塔ノ岳(標高1491㍍)でした。登山口の大倉バス停から入る大倉尾根ルート(通称・バカ尾根)を選んだのですが、ふだん街中を歩くように大またでスタスタ歩いたところ、すぐにハアハアいい出し…