北穂高岳で味わう至福のひと時

コンパクトデジカメ写真を使って趣味の登山のこと、海外旅行のこと、わが歩みなどを地味に備忘録として書いております。

素晴らしい雪の穂高

 穂高連峰は、標高3000㍍級の山々が連なる本州中央部の「飛騨山脈」南部にあります。飛騨山脈は、ヨーロッパアルプスにちなんで「北アルプス」と言い換えられており、穂高連峰は「北アルプス穂高連峰」という呼称のエリアです。

  

   北穂高岳奥穂高岳には、多くの人が上高地経由で涸沢から登ります。北穂高岳への登頂はそれなりの体力が必要なうえ、足の置き場が難しい一枚岩やいくつものクサリ場、ハシゴがあり、気が抜けません。

 でも、北穂高岳の山頂直下の北穂高小屋テラスのイスに腰を下ろし、そこから槍ヶ岳方面に延びる「大キレット」という急峻な縦走路は、いつまで見ていても飽きることのない、素晴らしい眺めです。

 

f:id:alps6717:20190423172207j:plain

穂高小屋から槍ヶ岳を望む

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

以下は雪の穂高の写真記録・・・

 

 

≪記録 【2007年ゴールデンウィーク 涸沢・北穂高岳】 ≫

 

f:id:alps6717:20191111081901j:plain

横尾

 

f:id:alps6717:20191111081959j:plain

涸沢へ

 

f:id:alps6717:20191111082031j:plain

もう少しでテント場

 

f:id:alps6717:20191111082120j:plain

翌日朝は悪天候・・・雪

 

f:id:alps6717:20191111082316j:plain

停滞を決める

 

f:id:alps6717:20191111082427j:plain

沈殿

 

f:id:alps6717:20191111082519j:plain

朝、ガスっているが、登ると決断!

 

f:id:alps6717:20191111082737j:plain

前の登山者を見失わないように・・・

 

f:id:alps6717:20191111082843j:plain

追う・・・

 

f:id:alps6717:20191111082919j:plain

・・・

 

f:id:alps6717:20191111083055j:plain

下からも登山者・・・ホッとする

 

f:id:alps6717:20191111083305j:plain

ガスが濃くて、先がよく見えない

 

f:id:alps6717:20191111083416j:plain

穂高小屋が鳴らした鐘の音で方向が分かり、なんとか到着したが、実は危険だった

 

f:id:alps6717:20191111083628j:plain

穂高小屋

 

f:id:alps6717:20191111084008j:plain

・・・

 

f:id:alps6717:20191111084044j:plain

前穂高岳

  

f:id:alps6717:20191111084118j:plain

夕方6時30分ごろ

 

f:id:alps6717:20191111084231j:plain

お月さん

 

f:id:alps6717:20191111084304j:plain

こんどは日の出

 

f:id:alps6717:20191111084351j:plain

朝、北穂高岳からみた大キレットと、その向こうにそびえる槍ヶ岳

 

f:id:alps6717:20191111084542j:plain

キレット

 

f:id:alps6717:20191111084623j:plain

日の出

 

f:id:alps6717:20191111084655j:plain

つり尾根

 

f:id:alps6717:20191111084733j:plain

前穂高岳

 

f:id:alps6717:20191111084803j:plain

小屋

 

f:id:alps6717:20191111084910j:plain

キレットを撮影するカメラマン

 

f:id:alps6717:20191111085009j:plain

朝、北穂に登ってくる登山者

 

         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

≪記録 【2015年ゴールデンウィーク 涸沢・北穂高岳】 ≫

 

f:id:alps6717:20191101202107j:plain

2015年GWのホタカ。テント場までがとおい、とおい

 

f:id:alps6717:20191101202140j:plain

涸沢ヒュッテの小屋番が小屋の周りの除雪をする

 

f:id:alps6717:20191101202220j:plain

涸沢のテント場。標高2300メートル

 

f:id:alps6717:20191101202257j:plain

北穂高岳の山頂。標高3106メートル

 

f:id:alps6717:20191101202341j:plain

登頂の証拠写真。後ろのとがった山が槍ヶ岳

 

f:id:alps6717:20191101202418j:plain

山頂直下の北穂高小屋のテラスから見下ろした景色。テント場がゴマの粒のよう

 

f:id:alps6717:20191101202506j:plain

テント場の横の涸沢小屋でお茶

 

f:id:alps6717:20191101202543j:plain

涸沢ヒュッテに長野県警山岳救助隊の待機部屋があり、隊員が時々訓練

 

f:id:alps6717:20191101202639j:plain

テント場

 

f:id:alps6717:20191101202702j:plain

テントを撤収し、さあ下山

 

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

≪記録 【2018年ゴールデンウィーク 涸沢】 ≫

f:id:alps6717:20191111091321j:plain

横尾から涸沢に向けて歩き出してすぐ、サルが出迎え

 

f:id:alps6717:20191111091445j:plain

本谷橋・・・雪解けが進んでいた

 

f:id:alps6717:20191111091622j:plain

涸沢への登り

 

f:id:alps6717:20191111091704j:plain

翌日は強風と雪

 

f:id:alps6717:20191111091812j:plain

涸沢のテント場で沈殿

 

f:id:alps6717:20191111091852j:plain

・・・

 

f:id:alps6717:20191111091940j:plain

やむなく翌朝、下山を始めた

 

f:id:alps6717:20191111092046j:plain

横尾に到着

 

f:id:alps6717:20191111092126j:plain

徳沢

 

f:id:alps6717:20191111092206j:plain

上高地河童橋

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

≪記録≫

――雪山登山をするために歩行技術を学んだ機会―― (40代)

 

 

★中高年対象の東京都内の登山学校 (無雪期)

★長野県山岳総合センター主催 槍ヶ岳登山講習会(8月)

★山岳ガイド協会主催 穂高岳登山教室(9月)

★山岳ガイドによる雪山登山(東天狗岳登頂) (3月)

★登山用品店主催 雪山入門教室(谷川岳) (3月)

★東京都山岳連盟主催 初級冬山教室(谷川岳・富士山) 

                   (12月~3月)

★神奈川県山岳連盟主催 冬山登山教室(谷川岳・富士山)

                   (12月~3月)

★社会人山岳会(実質3年間)    (オールシーズン)