北穂高岳で味わう至福のひと時

標高3000㍍級の登山、国内外の旅行、歴史探訪、反戦・平和への思いなど備忘録としてつづっています。

うまい歩き方~一本足で立つ~

 

f:id:alps6717:20201101175557j:plain

 丹沢の紅葉。

目次

 

 

塔ノ岳での20数年前のつらい体験


  初めて登った❝山らしい山❞は、東京近郊の丹沢・塔ノ岳(標高1491㍍)でした。

 登山口の大倉バス停から入る大倉尾根ルート(通称・バカ尾根)を選んだのですが、ふだん街中を歩くように大またでスタスタ歩いたところ、すぐにハアハアと荒い呼吸になり、脚も上がらずノビてしまい、「もう二度とこのルートは歩かない!」と、のろったものです。20数年前のことです。

 

 それからしばらくして、当時、東京新聞出版局が発行していた登山専門誌『岳人』で「北アルプスの岩稜の歩き方を教えます」という登山学校の広告を見つけ、迷うことなく申し込みました。

 

 

骨で立つ

  横浜の登山学校で覚えたのが、片足を軸にして立つ「膝上げ一本足立ち」という歩き方でした。

 この姿勢は、片膝を上げて一歩前に踏み出す直前に、一旦、残った後ろ脚に重心を完全に移し、頭と腰、後ろ足が一本の軸になるように立つ、というスタイル。つまり軸をつくって歩く、という方法です。

 

 特に、斜面を登っていく時に、軸足となる後ろ脚の膝を曲げた状態で連続して登っていくと、じきに筋肉疲労を起こしてしまいます。ですから、膝を一旦伸ばして“骨”で一瞬立つようにして歩けば、太ももの筋肉つまり大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を休ませることができるわけです。

 

 疲れにくい歩き方とは、脚の筋力だけで体を持ち上げて歩くのではなく、“骨”を活用して歩くということです。骨を使って一本足で立ち、前に倒れ込むようにして体重移動をしていけば疲れにくいですよ、ということです。

 

 

腰の回転歩行

 もう1つ、これに“腰”の回転を織り込むと、もっとラクに歩けるというスタイル。

 歩き方の基本はこうです。

 例えばこれから右足を着地させ、すぐに左足を後ろから前に運ぼうとする時右足を地に着けると同時に左の腰も左足に合わせて前に押し出す。そして今度は左足を着地させる時に、右の腰も回転させて右足と一緒に前に押し出す。このように腰の回転を使って体重移動をすれば筋力への負担を軽くでき、滑らかに歩けます。

 

 一見、妙な歩き方ですが、よろしいかも。