北穂高岳で味わう至福のひと時

北アルプスの登山、散歩、旅行、反戦・平和への思いなどをデジカメでパシャッと撮った写真中心に記録しています。

北アルプス常念山脈「偵察山行」時の写真記録

 

 常念山脈は、北アルプスの燕岳、大天井岳常念岳蝶ヶ岳などから成る。 槍穂高連峰の稜線がきれいに見える。

 常念山脈を真冬の年末年始に縦走するため、少し前の秋に偵察山行をした。その記録を写真で残す。

 

時期:2002年9月14日~16日

メンバー:2人

ルート:中房温泉~燕岳~大天井岳常念岳蝶ヶ岳

徳沢

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「中房温泉の燕岳登山口」で20年前の2002年9月14日 午前6時02分撮影

 

 当時の記録によると、「まだ暗いうち」にJR穂高駅に着き、タクシーに相乗りして中房温泉登山口まで入った。(冬季はタクシーは宮城ゲートまでで、登山口までの12キロ歩く)

 

第一ベンチ(午前6時32分)

 

第二ベンチ(午前7時02分)

 

 

第三ベンチ(午前7時33分)

 

富士見ベンチ(午前8時08分)

 

もうじき合戦小屋

 

合戦小屋(午前8時39分)⇐標高2380m

 

 

合戦沢ノ頭(午前9時10分)⇐標高2489m

 

 

燕山荘玄関前の広場の標識(午前9時50分)⇐標高2680m

 

 

 

蛙(げえろ)岩が見える

 

蛙岩の冬ルート(午前10時55分)

奇岩の真ん中のすき間を通り抜ける。穴の中は緩やかな登り。

 

蛙岩の夏道(右側)

 

 

大下りの頭が見える

 

大下りの頭(午前11時17分)

 

大下りの頭から下を見ると・・・

 

コルから大下りの頭を仰ぐ

 

切通岩(午前11時30分)

下りがクサリ場とハシゴになっている。

 

大天井岳直下の夏道の分岐

 

大天荘(午後1時16分)

 

★9月14日は大天荘テント場に泊。

 

大天荘の冬期小屋

 

★9月15日朝は、冬期小屋をのぞいてから、大天井岳にからみで登った。

 

大天井岳頂上(9月15日午前5時55分)

大天井岳の頂上に立った時に視界が悪い場合は、150度の方向に下れば、4分で大天荘・冬期小屋に着く。

 

 

大天荘のテント場

 

東天井岳(左)わき

大天井岳から東天井岳(ひがしてんしょうだけ)へのルートは広く、ガスの時は分かりにくい。

夏山縦走ではピークを踏まないが、冬期にはピークを踏んでいく。「一ノ俣谷」に間違っても下りないように。

 

 

常念岳方面へ

 

左手に横通岳

 

常念乗越への下り

常念小屋に着く前に、樹林帯がある。

 

 

常念小屋に到着(15日午前8時32分)

 

常念小屋の冬期小屋

 

 

分岐(午前8時45分)

 

三股への分岐(午前9時36分)

 

常念岳山頂(午前9時49分)

 

 

下り始め

 

樹林帯に入る

 

蝶槍へのきつい登り

 

 

 

二重稜線 注意!

 

 

蝶ヶ岳ヒュッテの冬期小屋(午後2時35分)

 

★9月15日は蝶ヶ岳ヒュッテのテント場泊

 

 

9月16日午前6時39分

蝶ヶ岳ヒュッテから「長塀(ながかべ)尾根」経由で徳澤園へ。樹林帯。

 

 

徳澤園(午前8時26分)