北穂高岳で味わう至福のひと時

北アルプスの登山、散歩、旅行、反戦・平和への思いなどをデジカメでパシャッと撮った写真中心に記録しています。

登山中に「あくび」が出るわけは?

f:id:alps6717:20201101171910j:plain

 尾瀬ヶ原ミズバショウ至仏山 (2019年5月26日撮影)

 

 

 


 なんで「あくび」が出るの?

 山歩きをしていると、時々あくびが出ることがあります。「疲れた~」と思った途端、あくびまで出て、「あれっ、何であくびが出るんだ」と何度か思いました。

 なぜでしょう。ちょっと、調べてみました。

 

 医師や研究者の書いたものを見ますと、「脳」や「酸素」が関係しているようです。

 

 

脳の酸欠!

 人間の脳は、1000億個以上という莫大な数の神経細胞と、それを取り巻くグリア細胞からできていて、1つひとつの神経細胞が電気信号を出し、筋肉の細胞に体を動かすよう命令しています。

 この脳のエネルギー源は「ブドウ糖なんですね。ブドウ糖だけです。

 

 エネルギーをつくり出すために、脳の神経細胞ブドウ糖を血液から吸い取って消費するのですが、そのブドウ糖を燃やすには「酸素」が必要なんです。

 脳はたくさんの酸素を必要とするわけです。

 

 

 

汗をかいて血圧が低下、脳が酸欠状態に

 ところが、登山で一生懸命体を動かしますと、体が必要以上に熱を持ち、体温が上昇してしまいます。

 上がりすぎた体温を調整するために、毛細血管から水分や塩分など電解質が外に染み出し、汗腺という器官を経て皮膚の表面から汗を出します。

  その際、問題になるのは、血管の中の血液の水分が減ってしまい、血液がドロドロになっていることです。これは脳梗塞の原因にもなりますが、脳に酸素とブドウ糖などの栄養素を運ぶ血液中の水分の量が大幅に減って血圧が下がるために、脳の神経細胞に酸素が十分に届かず、「酸欠」状態になってしまいます。脱水です。

 

 登山中に出るあくびは、この脱水が原因の生あくびではないか、と考えられます。

 

 

 

  首都大学東京の北一郎教授は、著書「脳と体がよみがえる! リズム深呼吸」(山と渓谷社)で、こう書いています。

 

 「あくびは酸素が足りないから出る、といわれていますが、一時的に室内の酸素濃度を下げても、あくびがたくさん出ることはないという研究報告もあるので、単純に酸素が足りないからとはいえないのです。」

 「しかし、脳内に酸素が足りなくなると、あくびが出ます。これは私たちが実験したのですが、脳の中のある部分を低酸素にすると、あくびが必ず出ます。病気でいうと、脳出血とか脳梗塞とか脳のどこかが大量出血していたりすると、あくびが頻繁に出るようになる。つまり、『脳が、いま危険な状態にある!』という時にあくびがたくさん出るのです。日常的にはそんなに危ない状態ということはないのですが、いま何かしら危険かもしれない状態にあることを知らせている、ということです。あくびで頭をスッキリさせて、『あれ、いまヤバイのか?』と注意を促しているのです。」

 

 

 登山中にあくびが出るような状況は、脳をはじめとして体が脱水状態にあるから、塩分と水分と、脳のエネルギー源のブドウ糖を急いで補給するように、というサインのようです。