北穂高岳で味わう至福のひと時

観光旅行ではふつう行かない外国の風景、戦争遺跡、登山がらみの体調変化の原因など備忘録として載せています。

登山と健康~足がつる

f:id:alps6717:20210131201458j:plain

      (2019年8月10日 北アルプス・涸沢で撮影)

 

★(2021年1月31日、全面差し替え)

目次

 

 

 

 

  眠っていて突然、足の筋が痛みを伴ってコチコチになり、悲鳴を上げたくなりました。コロナ禍で迎えた2021年1月に2日続けて悲惨な体験をしました。

 「足がつる」という現象。あれは何なんですか。ちょっと調べました。

 結論を言いますと、病気でもなければ、心配はいりません。

 

 

 

眠っている時

足がつる、とは?

 よく「足がつる」と言いますが、筋肉が自分の意思とは関係なく、急に収縮して、痛いうえに動かせなくなる状態を言います。

 医者の世界では「有痛性筋痙攣(ゆうつうせいきんけいれん)」というそうです。

 

ふくらはぎ・太もも

 痛くなる場所は一番多いのは、ふくらはぎで、腓腹筋(ひふくきん)という筋肉がつることです。

 

 ふくらはぎのことを平安時代には、「こむら」と呼んだらしく、ふくらはごがつった状態を「こむら返り」といいます。

 

 ただ、ふくらはぎだけだはなく、ほかにも「太ももの内側」「土踏まず」「指」でもけいれんが起こることは自分でも体験していますし、あちこちの筋肉で起こるらしいです。

 

原因

 病気でなければ、電解質のバランスの崩、と考えます。

 

 「電解質」は水に溶けると電気を帯びたイオンになる物質のことです。

 具体的にはナトリウムイオン、カリウムイオン、カルシウムイオン、マグネシウムイオンなどで、体内の水分にバランスよく溶けて、神経の伝達とか筋肉の収縮、水分量の調節などに関わります。

 

 で、足がつると考えられる原因は、大きく3つ。

 

 第一に、「冷え」。寝ている時に無意識に布団から足が出てします。足が冷えてくると、人体は37度という体温を維持するために熱が外に出ないように、皮膚の表面に近い血管を収縮させます。すると、血流が悪くなり、ふくらはぎの筋肉や神経の細胞に届く「酸素や電解質を含む栄養素」が不足し、正常な筋肉の伸び縮みができなくなって足がつります。

 

 

 第二に、運動で汗をかいた場合など、汗と一緒に電解質がたくさん流れ出てしまい、電解質のバランスが崩れ、脱水症状が起こります。

 

 

 第三に、運動で筋肉を激しく使うと、筋肉の収縮をコントロールするカルシウムイオンが大量に消費されて筋肉疲労になり、足がつることが考えられます。

 

 

 

応急処置

 つった足のつま先を、体の方に引っ張って、アキレスけんを伸ばすとか、つった筋肉をマッサージするとよいそうです。

 

 でも、夜中に足がつった時、つま先をつかもうとしたら今度は太ももの内側がつってしまい、ひどい目に遭いました。

 

 基本的には、足を冷やさなければ問題ないようです。

 

 

 

起こりやすい人

 中高年の人に起こりやすいようです。

 筋肉量が年々減っていき、血の流れが悪くなるためです。

 妊娠中の女性も、腹部が下半身を圧迫し、足の血行が悪くなるということです。

 

 

 

登山している時

原因

 汗をいっぱいかいた時には、ナトリウムなどが大量に失われ、電解質のバランスが失われて足がつりやすくなります。これは経験からよくわかります。

 

 

対策

 足がつったら、これは脱水症状だと経験から分かりますから、ナトリウムの入ったスポーツドリンクをすぐ飲む。効果はてき面で、すぐ元気になります。

 

 

芍薬甘草湯について

 漢方薬芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)は、芍薬と甘草という2つの生薬(天然物)から構成されています。

 芍薬の成分は筋肉の緊張を緩め、痛みを和らげる作用があり、足のつりには即効性があるそうです。

 ただし、甘草にはカリウムを体外に排出する成分があります。このため長期間飲むと、カリウムが下がって「低カリウム血症」を生じやすいです。ですからこむら返りの予防や治療に、芍薬甘草湯を勧めない登山家である医師もいます。