北穂高岳で味わう至福のひと時

穂高連峰や丹沢を歩いて20年余り。見たこと学んだことを備忘録として書いています。

山に想う~2019秋の涸沢~③クマをよく見かける

 f:id:alps6717:20190930204718j:plain

  写真は、クマよけの鈴。チリリリリーン、チリリリリーンと品の良い音色の、愛用の一品です。

 

 この夏、涸沢のテント場から30分ほど横尾方面に下った登山道でツキノワグマを見ましたが、その後も見かけることがあるようです。

  穂高連峰はクマの生息地ですから、クマを見かけるのは当たり前のこと。でも、登山道でクマさんとバッタリ出遭ったら、怖いですよね。向こうもびっくりして襲ってくるかもしれませんから。

 この夏以降、早朝に横尾から涸沢に向かう登山者の多くが、鈴を鳴らして歩くようになりました。

 

f:id:alps6717:20190930194520j:plain

上高地バスターミナルの一角にある「登山相談所」の張り紙。「熊目撃情報」という大きな横見出しで、「7月末から連続して、涸沢でツキノワグマ2頭(親子)が目撃されています」と書かれていました。

 9月27日の早朝のこと、上高地から涸沢に向かう途中の「本谷橋」(標高1800m)手前の登山道で、握りこぶし大の黒いフンの塊を見ました。おそらくクマさんの落とし物。ハエが飛んでいましたから、それほど古くはないと思われます。

 

f:id:alps6717:20190930200856j:plain

「熊出没注意!」「涸沢カール内において、熊の目撃がありました!」――

 これは涸沢テント場の、テント泊受付所の入口の張り紙です。松本警察署による注意書きです。

 隣の長野県涸沢山岳総合相談所の方に「最近、このあたりでクマの目撃情報はあります?」と聞いてみると、

「下の方ではあります。(クマが)登山道を横切っています」

という話でした。

 

 9月29日早朝、涸沢から下山をする途中、本谷橋までの間ですれ違った登山者はほとんど、ザックに鈴を付けて鳴らしていました。

 昨年までは見られなかった光景です。

 

f:id:alps6717:20190930202458j:plain

徳沢の公衆トイレの張り紙。「徳沢付近でクマ1頭が目撃された」と。

 

f:id:alps6717:20190930202738j:plain

明神の公衆トイレの張り紙

 

f:id:alps6717:20190930202913j:plain

これは上高地エリアに入ってからの、トイレの張り紙

 

f:id:alps6717:20190930203102j:plain

上高地ビジターセンターの張り紙

 

f:id:alps6717:20190930203156j:plain

上高地ビジターセンターの張り紙。

 これによると、ことし4月18日から8月31日までの4ヶ月間に、ツキノワグマの目撃情報は「大正池」から「涸沢」までの間で163件

 このうち「明神~徳沢~横尾~涸沢」間で29件とのこと。1頭のクマについて複数の人からの届け出があるでしょうが、それにしても多いですね。

 

f:id:alps6717:20190930204141j:plain

汗くさいシャツや下着を着替え、汗を流すために立ち寄った松本市営・上高地アルペンホテルの張り紙です。

 いわく、「最近、昼夜を問わず熊がひんぱんに出没しています」と。夏にはこんな注意喚起はなかったのに……。

 クマよけの鈴を持って涸沢に入る時代になったのでしょうか。