北穂高岳で味わう至福のひと時

コンパクトデジカメを使って趣味の登山のこと、過去の海外旅行のこと、いまの世相に思うことを備忘録として書いています。

富士山登山~その2:山頂のお鉢めぐり

 富士山の山頂には、大きな穴が開いています。噴火口です。この噴火口の縁を一周する「お鉢めぐり」を、2009年9月13日にしました。

f:id:alps6717:20200508180256j:plain

富士山の山頂のようす (上空から見た図)

 あの日は夏山シーズンが終わっていたため、登山者は少なめでした。

 

 「お鉢めぐり」の由来は、2つの説があるようです。

1つは、山頂にある8つのピーク(峰)をめぐるからだという説。

もう1つは、山頂の噴火口の形を「鉢」に見立ててそういうことになった、という説です。

 まあ、深刻に考えるほどのことではないですね。

 

 

f:id:alps6717:20200508180940j:plain

 

 午前7時、士宮ルートの登山口を出発しました。

 

 

f:id:alps6717:20200508181402j:plain

親子連れもがんばります。

 

f:id:alps6717:20200508181515j:plain

f:id:alps6717:20200508181928j:plain



 午前11時15分、富士山頂上浅間大社奥宮」に着きました。

富士宮ルートを登りきったところが、ここです。山頂の一部です。

みなさん、休んでいますね。

 

 

 

f:id:alps6717:20200508181956j:plain

 

 さて、ここから「お鉢めぐり」のスタートです

上の写真の「右奥」が、日本で一番高い「剣ヶ峰」です。3776㍍地点です。あそこまで行きます。

 

 

f:id:alps6717:20200508182423j:plain

 

写真左側の「馬の背」のような形をした急坂を登ります。

右側は噴火口の底につながる斜面です。

急坂を上り詰めた地点の「剣ヶ峰」まで、「富士山頂上浅間大社奥宮」から15分から20分ほどでしょうか。

 

f:id:alps6717:20200508183033j:plain

f:id:alps6717:20200508183049j:plain

 

富士山測候所の跡です。

剣ヶ峰にはかつて富士山測候所があって、1932年(昭和7年)から職員が詰めて気象観測をしていました。2004年に廃止になり、測候所のドームは撤去されました。

 

 

 

f:id:alps6717:20200508184036j:plain

 

最高地点の「剣ヶ峰」です。

日本最高峰富士山剣ヶ峰3776㍍」と刻まれた石碑と、

国土地理院の「二等三角点」があります。

 

f:id:alps6717:20200508184425j:plain

 

剣ヶ峰からは、時計回り(右回り)に歩きます。

迫力のある火口と、頂上からの眺望を楽しめます。天気が良ければ、ですが。

 

 富士山に詳しい静岡大学の小山眞人教授の説明によりますと、

富士山は過去数百回も噴火を繰り返してきましたが、山頂では約2200年前に起きた大噴火を最後に、目立った噴火はしていないそうです。

(山頂以外では、江戸時代の1707年【宝永4年】に

南東山腹で噴火が起き、その時にできた【宝永火口】は

東海道新幹線の車窓から見えます)

 

f:id:alps6717:20200508185152j:plain

 

山頂の噴火口の大きさは、直径約700㍍、深さは240㍍ぐらいだそうです。その周りを、最高峰の剣ヶ峰をはじめ、8つのピークが取り巻いています。

一周すると、2.6キロほど歩くことになります。景色を楽しみながら休んだりゆっくり歩いたため2時間近くかかってしまいました。

 

 

f:id:alps6717:20200508185547j:plain

 

稜線から少し噴火口側に降りてみると、日陰のくぼ地には雪が残っていました。

 

 

f:id:alps6717:20200508185703j:plain

 

眼下にあるのは、山中湖です東北東方向に見えます。富士五湖の1つです。濃い青色が目を引き付けます。

 

 

f:id:alps6717:20200508185917j:plain

 

午後1時過ぎ、お鉢巡りの出発点、富士山頂上浅間大社奥宮」に戻りました。

 

富士宮口5合目の登山口には午後4時に着きました。