北穂高岳で味わう至福のひと時

上高地の奥の涸沢にテントを張って、穂高連峰に登るのが好きです。海外旅行の一風変わった写真も載せています。

外国の街の記憶~プノンペン(カンボジア)

 カンボジアの首都プノンペンに、タイのバンコクから入りました。

もう30年も前の1991年7月9日です。

 ポル・ポト派による虐殺行為を後世に伝えるために公開している

「トゥールスレン政治犯収容所」の跡地を見て一泊し、翌日バンコクに戻りました。

 

f:id:alps6717:20200531193215j:plain

プノンペンの子どもたち

 

ポル・ポト政権による大虐殺

 

 カンボジアは1975年4月から1979年1月まで、ポル・ポト派という勢力が支配しました。

 ポル・ポト政権は、都市は文明で腐敗している、としてこれを否定し、銀行や通貨を廃止。プノンペンの市民を農村に強制的に移住させ、集団での農作業を強制しました。

 

 医師や教師など知識人は、資本主義の手先だとして殺しました。

 仕事に不平を言ったり規則を破れば、「政治犯収容所」に入れられ、拷問を受けたのち、各地のキリング・フィールド(処刑場)に連行されて殺害されました。

 病気や飢えを含めて約170万人が命を落としました。当時のカンボジア

人口が約800万人でしたから、5人に1人が殺されたことになります。

 

 1979年に政権が倒れた後もポル・ポトはタイに逃れて反政府運動を続行。

内戦が続きました

 1991年になって国連の介入によって、やっと内戦が収束しました。

 

f:id:alps6717:20200531203043j:plain

もうじきプノンペンに着陸・・・  (1991年7月9日、機内から撮影)

 

 

f:id:alps6717:20200531203300j:plain

f:id:alps6717:20200531203318j:plain

ポチェントン空港 (現在は、プノンペン国際空港と改称)

 

f:id:alps6717:20200531203516j:plain

空港近くで見かけた住民

 

 

 観光名所になった≪トゥールスレン博物館≫

 

 かつてのトゥールスレン政治犯収容所は、知識人や反抗した者を収容して拷問した強制収容所です。高校の建物を転用しました。

 

 訪問した1991年には、「博物館」になっていて、独房はそのままで拷問に使っていた道具などが展示されていました。

 死者の頭蓋骨で作ったカンボジアの地図もありました。

 

 

 

f:id:alps6717:20200531203630j:plain

 宿泊したホテル・カンボジアーナ。 プノンペンの高級ホテルです。

 

 

f:id:alps6717:20200531203831j:plain

ホテルの前を流れる≪メコン川

 

  

f:id:alps6717:20200531203931j:plain

 

  王宮・・・国王の住まいです。

 

  

f:id:alps6717:20200531204041j:plain

無邪気な子どもたち・・・王宮の近くで撮影

 

 

f:id:alps6717:20200531204154j:plain

 

f:id:alps6717:20200531204211j:plain

プノンペンの街の様子

 

 

f:id:alps6717:20200531204300j:plain

博物館の入り口の看板です

  

f:id:alps6717:20200531204354j:plain

「トゥールスレン博物館」に入ります

 

 

f:id:alps6717:20200531204525j:plain

博物館の隣で暮らす子どもたち。笑顔がとってもかわいい・・・

 

f:id:alps6717:20200531204636j:plain

拷問を受けた人の写真か? 横たわっている

 

f:id:alps6717:20200531204907j:plain

ひどい・・・

 

f:id:alps6717:20200531204941j:plain

独房

 

f:id:alps6717:20200531205010j:plain

ポル・ポトです。何が彼をそうさせたのか・・・

 

f:id:alps6717:20200614072311p:plain

 何だと思います? ヒトの頭蓋骨で作ったカンボジアの地図です・・・

 

f:id:alps6717:20200614072516p:plain

 これは、そのアップ写真・・・

 

 

f:id:alps6717:20200531205114j:plain

博物館

f:id:alps6717:20200531205153j:plain

  オートバイに引っ張ってもらっていますが、いまはこうした光景はたぶん、ないでしょうね。

 

 

f:id:alps6717:20200627190447j:plain

  床屋さんかな?

 

 

f:id:alps6717:20200627190546j:plain

 

f:id:alps6717:20200627190618j:plain

 トンレサップ川にかかっている壊れた橋は、「日本・カンボジア友好橋」

(通称・日本橋)です。

 1963年に日本の資金援助で建設され、プノンペンと地方を結ぶ大切な道になっていましたが、カンボジア内戦で1972年に爆破され、通行できなくなっていました。

 

 この日本橋について、カンボジア政府は、上の写真撮影の翌年の1992年に修復計画を立てて日本政府に協力を要請。日本政府は約28億円の無償資金協力を行うことを決めました。

 日本橋は1994年2月に復活しています。