北穂高岳で味わう至福のひと時

コンパクトデジカメ写真を使って趣味の登山のこと、海外旅行のこと、わが歩みなどを地味に備忘録として書いております。

外国の街の記憶~サーリセルカ(フィンランド)

 オーロラを観たいという母親の望みをかなえてあげようという息子さんの計らいで、

北欧フィンランドのサーリセルカに家族旅行したのは、

2017年下旬のこと。父親は“荷物運搬人”として同行させてもらいました。

 

f:id:alps6717:20200611191241j:plain

凍りついた乗用車 (フィンランドのサーリセルカで撮影)

 

氷点下20度の景色を楽しむ

 

 サーリセルカフィンランド最北部のリゾート地。北緯68度の位置にあります。

日本は北緯20度から46度の間にありますから、もっと北です。

 人口は350人ほどの小さな街です。オーロラ鑑賞のスポットとしては、フィンランドでNO.1と言われています。

 

f:id:alps6717:20200611192021j:plain

上の写真は、グーグルの地図を借用しました。

赤い印サーリセルカの位置です。

サーリセルカに行くには、首都ヘルシンキを経由して行くことになります。

 

 

f:id:alps6717:20200611192423j:plain

フィンエアーの国内線旅客機です。

サーリセルカに行くには、ヘルシンキからこの旅客機に乗り、1時間半のフライトで「イヴァロ空港」に到着。ここからバスで30分のところにあります。

 

 

f:id:alps6717:20200611192814j:plain

イヴァロ空港に到着。タラップを降りて、ターミナルビルまで凍った雪の上を歩きます。粉雪が舞っていました。

2017年11月21日午後7時30分(日本時間11月22日午前2時30分)です。

 

 

f:id:alps6717:20200611193200j:plain

外の気温は、氷点下15度です。

 

 

f:id:alps6717:20200611193308j:plain

ターミナルビルの待合室には、オーロラの写真も。

 

 

f:id:alps6717:20200611193404j:plain

バスに乗り込み、25㌔離れたサーリセルカまで30分走ります。

 

 フィンランドには、日本からの直行便があります。フィンランド航空(フィンエアー)がヘルシンキまで運航しています。

 しかし、私たちは経費削減のため、トルコのイスタンブール経由でヘルシンキ入り。航空機はターキッシュエアラインズ(旧・トルコ航空)でした。

 

 

サーリセルカ

 

f:id:alps6717:20200611193954j:plain

上の図は、JTBのホームページから借用。

「サーリセルカ」の案内図です。

泊まったホテル「サンタズ・ホテル・トゥントゥリ」は案内図右端。

 

 

日本との時差は7時間

 

f:id:alps6717:20200611200452j:plain

宿泊したホテルです。3連泊しました。凍てついた街です。

11月22日午前10時(日本時間22日午後5時)撮影。時差は7時間です。

 

 

f:id:alps6717:20200611200736j:plain

ホテルの前

f:id:alps6717:20200611200945j:plain

市内を散策

f:id:alps6717:20200611201024j:plain

リスが目の前の道を横切りました。異国に来た、という感じでした。

11月22日午前11時(日本時間22日午後6時)撮影。

 

f:id:alps6717:20200611201327j:plain

クマの像も凍てつく低温

 

f:id:alps6717:20200611201421j:plain

f:id:alps6717:20200611201446j:plain

スキー客です。サンタズ・ホテル・トゥントゥリの裏側(東側)が国立公園の入り口です。このあたりクロスカントリースキーのコースのようでした。

 

 

f:id:alps6717:20200611201755j:plain

f:id:alps6717:20200611201817j:plain

凍った木。朝から真っ白に凍りついた世界に身を置き、感動し続けました。

11月22日午後零時(日本時間午後7時)撮影。

 

 

f:id:alps6717:20200611202108j:plain

マイナス20度の中を歩く。

 

 

f:id:alps6717:20200611202204j:plain

日没間近・・・その時、虹がかかりました。

11月22日午後零時30分(日本時間午後7時30分)撮影

 

北極点に近い北緯68度のこの地域では、11月下旬にもなると、日の出は午前11時ごろ、日没は午後1時ごろになります。

太陽が出てから、わずか2時間で沈んでしまいます

 

 

f:id:alps6717:20200611202848j:plain

カチカチに凍っています。

 

f:id:alps6717:20200611202940j:plain

泊まったホテルの敷地内です。

 

 

f:id:alps6717:20200611203031j:plain

カメラのフラッシュをたくと、こんなふうになります。ダイヤモンドダストに光が反射します。空気中の水蒸気が凍っているんですね。

 

 

f:id:alps6717:20200611203346j:plain

フラッシュなしだと、こんな写真になります。

この建物の1階はみやげ物店と旅行案内所、2階にはこの地域の民族衣装をまとった人形が展示されていました。

 

 

f:id:alps6717:20200611203620j:plain

f:id:alps6717:20200611203640j:plain

 

f:id:alps6717:20200611203706j:plain

道路わきの温度計は、マイナス20度

ホテルに入るため、入館カードを玄関の扉に差し込もうとしましたが、作動しません。困って別の入り口を探そうと歩き始めたところ、後から来た宿泊者もカードを差し込みましたが開かず、「Doesn’t work」と叫びました。何度か繰り返しているうちに開いて、私たちも中に入りました。

 

 

オーロラがみえた

f:id:alps6717:20200611204811j:plain

オーロラを探す

11月22日午後8時30分(日本時間23日午前3時30分)撮影。

 前日に続いて、2晩目のオーロラ探し。

 前日はホテルにチェックイン後、すぐ外に出て、広い空き地から真っ黒な空を見上げていました。すると、上空の低い位置で薄い緑色の光の帯がゆらゆらと現れ、横に少し伸びたかと思うと、今度は上に向かって伸びる。そして薄くなったかと思うと、別の場所でスーッと帯が現れ、大空を舞うシーンを観ることができました。

 

 ただ、旅行会社のインターネットのサイトやパンフにあるような、大きく揺れるカーテンのようなオーロラではありませんでした。

 

 

撮影は失敗

コンパクトデジカメで撮影を試みましたが、映りませんでした。

 

 2晩目も3晩目もオーロラを観ようとしましたが、粉雪が舞っていました。それでも雪が止んだ時に広場に飛び出し、空を見つめていましたら、オーロラがかすかに姿をみせてくれました。

 

◆オーロラは、太陽から地球に向かって飛んでくる「電気を帯びた粒子」が、大気中の酸素や窒素と超高速でぶつかる時に発生する「光」だそうです

 

f:id:alps6717:20200611210628j:plain

 

f:id:alps6717:20200611210654j:plain

 

f:id:alps6717:20200611210732j:plain

サーリセルカの街はコンパクトにまとまっていて、端から端まで歩いて20~30分です。

 

f:id:alps6717:20200611210907j:plain

 

f:id:alps6717:20200611210951j:plain

 

f:id:alps6717:20200611211015j:plain

ここはみやげ物店であり、レストランでもあります。

 

 

f:id:alps6717:20200611211119j:plain

これはバス停です。

 

 

f:id:alps6717:20200611211212j:plain

ホテルの前に置かれた氷の芸術作品。

 

 

f:id:alps6717:20200611211728j:plain

f:id:alps6717:20200611211440j:plain

f:id:alps6717:20200611211516j:plain

f:id:alps6717:20200611211547j:plain

レストランのほか、街の西端にはスーパーマーケットもあります。

 

 

f:id:alps6717:20200611211809j:plain

f:id:alps6717:20200611211841j:plain

ここサーリセルカは日本人ツアー客が多いせいか、メニューにも日本語が書かれていました。