北穂高岳で味わう至福のひと時

山登りの記録、観光ではふつう旅行しない外国の風景、戦争の遺跡、登山での体調不良の原因など備忘録として書いています。

北欧~「バルト海クルーズ」というフェリーの旅 (スウェーデン・フィンランド)

f:id:alps6717:20210814202654j:plain

 「バルト海クルーズ」に使われる大型フェリー。

 

 

 

 バルト海といわれても、どこにあるのか知らない人がほとんどです。私もそうでした。

 調べたら、スカンジナビア半島とバルト3国の間にある海でしたが、

そういわれてもまだ、ピンときません。

 

 まあ、それはそれとして、

ストックホルムスウェーデン)とヘルシンキフィンランド)の間を移動するためフェリーボートを利用するルートがあります。

 

 2度、フェリーに乗る機会がありました。

2017年11月と、2019年5月です。

バルト海クルーズという名前で旅行会社は宣伝していました。

 

  

   

 

目次

 

 

 

2019年5月の船旅

 f:id:alps6717:20210814205325j:plain

 シリヤ・セレナーデ号 

        (2019年5月13日午後、ストックホルムで撮影=現地時間)

  

 

「タリンクシリヤライン」というフェリー会社が、バルト海沿岸のストックホルムヘルシンキの間を大型船で運航しています。

 持っている船は、シリヤ・セレナーデ号シリヤ・シンフォニー号の2隻。

 いずれも全長203㍍、全幅31.5㍍、乗客定員2852人という大型客船。1日1便、いずれかの港を発着しています。

 

 

f:id:alps6717:20201030082743j:plain

 スウェーデンストックホルムから出港します。行先はフィンランドヘルシンキ


 

f:id:alps6717:20201113111711j:plain

 シリヤ・セレナード号の乗船口です。

 

 

 2019年5月13日午後4時45分ごろ、ストックホルムの港を出ました。(現地時間)

1泊2日の船旅です。

 

  

f:id:alps6717:20201030083009j:plain

f:id:alps6717:20201030083047j:plain

 

f:id:alps6717:20210814205735j:plain

f:id:alps6717:20210814205838j:plain

 きれいですね。

 

f:id:alps6717:20210814205918j:plain

 海鳥もデッキの手すりで羽を休めます。のどかです。

  

f:id:alps6717:20210814210145j:plain

f:id:alps6717:20210814210213j:plain

 

f:id:alps6717:20201030083642j:plain

f:id:alps6717:20201030083718j:plain

 こちらは客室前の通路。

 

 

f:id:alps6717:20201030083931j:plain

 室内です。

 

 

 

f:id:alps6717:20201030084038j:plain

 突然、理解できないことが起こりました。

 フェリーがストックホルムを出港してだいぶ経過した午後11時50分(現地)、

窓の外を眺めていた奥さんが「船が止まったよ。方向転換してる。バックしてるみたい」とボソボソ言いました。

 ウトウトしていた私は「進路を間違えたんじゃないの?」と、思い付きで、いい加減なことを言って、また眠ろうとすると、奥さん、今度は「アッ、船。ぶつかりそう」。

 

 これには、パッと目が覚め、窓ガラス越し撮った写真が、上のボケボケの写真。

 

 

 

f:id:alps6717:20201030084146j:plain

 確かに船が横にいて、こちらの船を追い抜いていこうとしているように見えました。

 

「え、何なの?どうなっているの?」と口走りながら、デジカメを持って部屋を飛び出し、デッキに出て周りをみました。

 

 

f:id:alps6717:20201030084308j:plain

 なんてことはない。 上の写真のように、ここはターミナルのようでした。

 

 

f:id:alps6717:20201030084414j:plain

 しかし、乗客の乗り降りも荷物の搬出も搬入もありません。10数分後に、ここを離脱し始めました。(上の写真)

 時刻は5月14日午前0時。(現地時間)

 

 

 帰国後に調べてみましたら、

短時間寄港したところは、オーランド諸島の首都マリエハムンというところのターミナルでした。

 

 フィンランド領ですが、国際機関によって島民に「自治権」があることが承認されているとのこと。

 

 乗客の乗り降りがないのに、わざわざ寄港する理由も分かりました。

オーランド諸島のマリエハムン経由のクルーズ船内は全店が免税店となっていて、免税手続きは一切必要ないのです。酒もたばこも化粧品も、です。免税のために寄港しているのです。

 

 

f:id:alps6717:20201030084725j:plain

 日の出。

 

f:id:alps6717:20210814211956j:plain

 

f:id:alps6717:20201030084910j:plain

f:id:alps6717:20201030084939j:plain

 

f:id:alps6717:20210814212118j:plain

f:id:alps6717:20210814212028j:plain

 

 

 

f:id:alps6717:20201030085118j:plain

f:id:alps6717:20201030085348j:plain

  ヘルシンキに到着する直前に、かつてはフィンランドの南海岸を守る要塞だったスオメンリンナ」が見えてきます。世界遺産に登録されています。

 

 

 

f:id:alps6717:20201030085428j:plain

 海をにらむ砲台城壁がいまも残っています。美しいです。

 

 

f:id:alps6717:20201030085508j:plain

f:id:alps6717:20201030085620j:plain

f:id:alps6717:20201030085641j:plain

 

 

f:id:alps6717:20210814212317j:plain

f:id:alps6717:20201030085752j:plain

 ヘルシンキ。さあ、下船の準備です。5月14日午前9時30分。(現地時間)

 

 

 ここまで乗ってきたシリヤ・セレナーデ号の船内は、14層から成っています。7階がメインデッキで、吹き抜けのプロムナードになっていました。プロムナードの両側にはレストラン、みやげ物の店、ブティック、カフェ、ナイトクラブなど並んでいます。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

それより前の、2017年11月の船旅

 

f:id:alps6717:20201030090452j:plain

 シリヤ・シンフォニー号

(2017年11月25日午後、ヘルシンキで撮影=現地時間)

 

f:id:alps6717:20210814213831j:plain

f:id:alps6717:20210814213854j:plain

 フィンランドヘルシンキオリンピアターミナルで撮影。

 

  

 最初のバルト海クルーズは、2回目と逆に、ヘルシンキからストックホルム向かいました。夕方出航して、翌日の昼近くに着くというのは、同じです。

 

 

f:id:alps6717:20210814214029j:plain

 

f:id:alps6717:20210814214056j:plain

 船内の男性用のトイレ。

 

f:id:alps6717:20210814214207j:plain

 女性用のそれです。

f:id:alps6717:20210814214243j:plain

 これが船内なんですよね。きらびやか。

 

f:id:alps6717:20210814214323j:plain

 これも。

 

f:id:alps6717:20210814214354j:plain

 

f:id:alps6717:20210815190253j:plain

f:id:alps6717:20210815190311j:plain

 

f:id:alps6717:20201030090738j:plain

 2017年11月26日午前6時撮影 (現地時間)

 

デッキから真北で輝く北極星を観ました。

「斜め上」ではなく、

「真上」というか、「頭上」に北極星があることに感動しました。

日本よりも緯度が北の北欧にいるのだから当たり前ですが、

「真上」をみるという素晴らしい体験をさせてもらいました。

f:id:alps6717:20210814214441j:plain

 

f:id:alps6717:20210814214508j:plain

 

 

 

 もう一つ、感動したもの・・・・

 

f:id:alps6717:20201030091021j:plain

 これです時計です。船内に掲げられている時計をみますと、

短針が2本ありまして、それぞれの先端にフィンランドの国旗スウェーデンの国旗が描かれているんです。

 これはスウェーデンフィンランドの間には時差が1時間あるための措置のようです。スウェーデンでは、フィンランドより1時間進める必要があります。

 

ちなみに、スウェーデンと日本との時差は8時間。日本からマイナス8時間という計算です。フィンランドと日本との時差は7時間ですから、フィンランドは日本からマイナス7時間という計算になります。

 

 

f:id:alps6717:20210814214701j:plain

 

f:id:alps6717:20210815190420j:plain

f:id:alps6717:20210815190445j:plain

 船の中です。

 

 

f:id:alps6717:20210814214719j:plain

 

f:id:alps6717:20210814214740j:plain

 「クルーズ」というブルジョア趣味のようなイヤらしい名前が付いていますが、要するに大型フェリーでの国から国への移動でした。

 船内では食事以外、買い物はしませんでしたが、稀有な経験ができ、満足でした。