北穂高岳で味わう至福のひと時

観光旅行ではふつう行かない外国の風景、戦争遺跡、不思議な人体など見たり学んだことも備忘録として載せています。

外国の街の記憶~バルト海クルーズ:ストックホルム:ヘルシンキ(スウェーデン・フィンランド)

 バルト海沿岸のストックホルムスウェーデンヘルシンキフィンランドを往復するフェリーに2度、乗る機会がありました。

2017年11月と、2019年5月です・

 バルト海クルーズと旅行業界では呼んでいるようです。

バルト海の風景はとても素晴らしく、満足しました。

 

 

f:id:alps6717:20201113110322j:plain

ヘルシンキ大聖堂  (2019年5月14日撮影)

 

 

 バルト海は、北欧のスカンジナビア半島ヨーロッパ大陸に囲まれた海です。

 

 

 バルト海沿岸の都市をフェリーで行き来するルートはいくつもありますが、「ストックホルム」と「ヘルシンキ」を結ぶルートに人気があるようです。2つの都市が魅力的だからでしょう。

 

   ①ストックホルムの街

   ②船旅

   ③ヘルシンキの街

の順に、写真で旅を振り返りました。

 

 

 

    ① ストックホルム

 

f:id:alps6717:20201030080937j:plain

 ここはストックホルムの中心部にあるガムラ・スタンという旧市街です。迷路のようで観光の目玉と言われているそうですが、納得です。

 王宮や教会をはじめ昔の、15世紀ごろの建物や街並みが残っています。

 上の写真は、ストールトルゲットという名前の広場。カラフルな建物が並んでレストランやバーなどが軒を連ねていました。

 

 

f:id:alps6717:20201030081031j:plain

 このガムラ・スタンは、宮崎駿監督のアニメ映画「魔女の宅急便」のモデルになった場所です。

 スウェーデン第二次世界大戦の時、中立を宣言したために空襲を受けることはなく、古い建物が残っているわけです。カラフルな街並みです。

 

 

f:id:alps6717:20201030081154j:plain

 洋風の建物と石畳の路地です。風情があります。

 

 

f:id:alps6717:20201030081235j:plain

 なにやら人の列ができていました。急ぎ足で近づきますと・・・

 

 

f:id:alps6717:20201030081333j:plain

f:id:alps6717:20201030081400j:plain

 わずか90センチほどの狭い道・・・。

 

 

f:id:alps6717:20201030081508j:plain

 ここがモーテン・トローツィグ・グレンという名の通りでした。

 

 

f:id:alps6717:20201030081624j:plain

 みなさんも後をついていきます。

 

 

f:id:alps6717:20201030081728j:plain

 ストックホルムの公道で一番狭い路地だとか。

 

 

f:id:alps6717:20201030081810j:plain

 落書きが多いために、嫌悪感を抱く方もいるようですが、それなりに味わいがあるような・・・。

 

 

f:id:alps6717:20201113110842j:plain

 路地で見かけました。

 

 

 

f:id:alps6717:20201030081934j:plain

 王宮です。旧市街ガムラ・スタンにあります。

正午過ぎに毎日、風変わりなイベントがあります。(下の写真)

 

 

f:id:alps6717:20201030082117j:plain

 王宮の中庭で、衛兵交代式があるのです。

 

 

f:id:alps6717:20201113111355j:plain

 ブラスバンドを伴ったパレード。

 

 

f:id:alps6717:20201030082248j:plain

 騎馬隊も登場していました。馬上で楽器を演奏していました。

 

 

 

  ② ≪船旅≫ 

     2回目 2019年5月

f:id:alps6717:20201030082556j:plain

 シリヤ・セレナーデ号 

(2019年5月13日午後、ストックホルムで撮影=現地時間)

 

 

f:id:alps6717:20201030082659j:plain

 タリンクシリヤラインというフェリー会社がと、ストックホルムヘルシンキの間を運航しています。

 持っている船は、シリヤ・セレナーデ号シリヤ・シンフォニー号の2隻。

 いずれも全長203㍍、全幅31.5㍍、乗客定員2852人という大型客船です。1日1便、いずれかの港を発着しています。

 

 

f:id:alps6717:20201030082743j:plain

 


 

f:id:alps6717:20201113111711j:plain

 シリヤ・セレナード号の乗船口です。

 

 

 

 

2019年5月13日午後4時45分ごろストックホルムの港を出港しました。(現地時間)

1泊2日の船旅です

 

 

 

f:id:alps6717:20201030083009j:plain

f:id:alps6717:20201030083047j:plain

 

 

f:id:alps6717:20201030082852j:plain

 海鳥もフェリーのデッキに手すりでひと休み。

 

 

f:id:alps6717:20201030083642j:plain

f:id:alps6717:20201030083718j:plain

 私たちの客室前の通路。

 

 

f:id:alps6717:20201030083931j:plain

 室内です。

 

 

 

f:id:alps6717:20201030084038j:plain

 ストックホルムを出港してだいぶ経過した

午後11時50分ごろ(現地時間)、窓の外を眺めていた奥さんが

「船が止まったよ。方向転換してる。・・・バックしてるみたい」とボソボソ言いました。

 ウトウトしていた私は「進路を間違えたんじゃないの?」と、いい加減なことを言って、眠ろうとすると、奥さん、今度は「アッ、船。ぶつかりそう」。

パッと目が覚め、窓ガラス越し撮った写真が、このボケボケの写真です。

 

 

 

f:id:alps6717:20201030084146j:plain

 確かに船がいて、横を追い抜いていこうとしていました。

「え、何なの?どうなっているの?」と口走りながら、カメラを持ってデッキに出て周りをみました。

 

 

f:id:alps6717:20201030084308j:plain

 なんてことはない。上の写真のように、ターミナルのようでした。

 

 

f:id:alps6717:20201030084414j:plain

 そして、乗客の乗り降りも荷物の搬出も搬入もなく、10数分でターミナルを離脱し始めました。(上の写真)

時刻は5月14日午前0時。(現地時間)

 

 

 帰国後に調べてみましたら、

ごく短時間寄港したところは、オーランド諸島の首都マリエハムンというところのターミナルでした。フィンランド領ですが、国際機関によって島民に「自治権」があることが承認されているとのこと。

 

 乗客の乗り降りがないのに、わざわざ寄港する理由も分かりました。

オーランド諸島のマリエハムン経由のクルーズ船内は、全店が免税店となっていて、免税手続きは一切必要ないのです。酒もたばこも化粧品も、です。免税のために寄港しているのです。

 

 

f:id:alps6717:20201030084725j:plain

 日の出です。

 

f:id:alps6717:20201030084910j:plain

f:id:alps6717:20201030084939j:plain

 

 

 

f:id:alps6717:20201030085118j:plain

f:id:alps6717:20201030085348j:plain

 

 ヘルシンキに到着する直前に、かつてはフィンランドの南海岸を守る要塞だった「スオメンリンナ」が見えてきます。世界遺産に登録されています。

 

 

f:id:alps6717:20201030085428j:plain

 海をにらむ砲台や城壁がいまも残っています。美しいです。

 

 

f:id:alps6717:20201030085508j:plain

f:id:alps6717:20201030085620j:plain

f:id:alps6717:20201030085641j:plain



 

f:id:alps6717:20201030085752j:plain

 さあ、下船の準備です。5月14日午前9時30分。(現地時間)

 

 

 ここまで乗ってきたシリヤ・セレナーデ号の船内は、14層から成っています。7階がメインデッキで、吹き抜けのプロムナードになっていました。プロムナードの両側にはレストラン、みやげ物の店、ブティック、カフェ、ナイトクラブなど並んでいます。が、私たちのような古代人は、景色を楽しむことが主たる目的ですので買い物やアミューズメントには興味なし。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 ≪船旅≫ 

    1回目 2017年11月

 

f:id:alps6717:20201030090452j:plain


 シリヤ・シンフォニー号

(2017年11月25日午後、ヘルシンキで撮影=現地時間)

 

 

 

 1回目のバルト海クルーズは、2回目と逆に、ヘルシンキからストックホルムに向かいました。夕方出航して、翌日の昼近くに着くというのは、同じです。

 

 

f:id:alps6717:20201030090738j:plain

 2017年11月26日午前6時撮影 (現地時間)

 

デッキから真北で輝く北極星を観ました。

「斜め上」ではなく、

「真上」というか、「頭上」に北極星があることに感動しました。

日本よりも緯度が北の北欧にいるのだから当たり前ですが、

「真上」をみるという素晴らしい体験をさせてもらいました。

 

 もう一つ、感動したもの・・・・

 

 

f:id:alps6717:20201030091021j:plain

 これです。時計です。船内に掲げられている時計をみますと、

短針が2本ありまして、それぞれの先端にフィンランドの国旗スウェーデンの国旗が描かれているんです。

 これはスウェーデンフィンランドの間には時差が1時間あるための措置のようです。スウェーデンでは、フィンランドより1時間進める必要があります。

 

ちなみに、スウェーデンと日本との時差は8時間。日本からマイナス8時間という計算です。フィンランドと日本との時差は7時間ですから、フィンランドは日本からマイナス7時間という計算になります。

 

 

 

 ③ ヘルシンキ

f:id:alps6717:20201030091313j:plain

 ヘルシンキ大聖堂です。緑色のドームと白亜の外壁が、人を引き付けます。ヘルシンキのシンボルになっているようです。

 

 

f:id:alps6717:20201030091411j:plain

 ヘルシンキ大聖堂の中に入りました。

 

 

f:id:alps6717:20201030091716j:plain

 ウスペンスキー寺院。赤レンガ造り。マーケット市場から徒歩5分の位置にあります。

 

 

f:id:alps6717:20201030092332j:plain

f:id:alps6717:20201030092417j:plain

 サーモンスープが安くておいしかった。マーケット市場では屋台グルメを楽しめます。