北穂高岳で味わう至福のひと時

観光旅行ではふつう行かない外国の風景、戦争遺跡、不思議な人体など見たり学んだことも備忘録として載せています。

残雪期の穂高岳~2015年の写真記録

f:id:alps6717:20201113191022j:plain

北穂高岳山頂から見た大キレット。写真中央の上部のとがった山は、槍ヶ岳

 

 

(日程)

【5月1日】 上高地~涸沢(テント泊)

【5月2日】 涸沢~北穂高岳~涸沢(テント泊)

【5月3日】 涸沢~上高地~下山

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【4月30日】

▼夜、新宿から夜行バス「さわやか信州号」に乗るため、当時住んでいた横浜市の自宅を出る。

 

 背中の荷物の重さは、21キロ

 「軽量化」をいつも考え、持ち物で何を減らせるか考えるが、モノを入れるザック自体がそもそも重いため、いかんともしがたい。

 

f:id:alps6717:20201113192403j:plain

 このザックは20年以上も前に買った、カナダのアークテリクス製の60リットルの大型。腰ベルトが厚く、腰に密着できるのが魅力で選んだシロモノです。

 

 

 

【5月1日】

 ▼午前5時30分ごろ、上高地バスターミナルに到着。ここで水2リットルを無料で調達したため、ザックの重さは23キロに。

 

 

 愛用の登山靴は、のいわゆる重登山靴です。今は穂高でも履いている人は少ない。履いている人物は総じて、妥協ということをしない頑固な古代人!

 

f:id:alps6717:20201113192807j:plain

 

 JR巣鴨駅近くの登山靴専門店「ゴロー」で、2004年春に職人さんにつくってもらいました。手作りで5万円ぐらい。

 足首が深くて捻挫する危険性も低く、皮に雪がしみこむこともまずなく、厳冬期でも縦走に使えます。

 靴底(ソール)の張替えもこれまでに3回しています。1回約1万円。でも、これ以上は張替えは難しいため、雪山で12本爪アイゼンを付ける登山の時にだけ、この靴を履きます。(ふだんは「S-8」という厳冬期以外に使える皮の靴を履きます。)

 

 最大の長所は、皮でできているため靴が自分の足になじんでくれることです。

 

 難点は、重さ。片足1.4㌔。両足で2.8㌔。履いて歩いている時は何とも思いませんが、片手で持ち上げると非常に重い。こんなものをよく履いているなあと思います。

 

 

 軽い装備に買い替えたいのですが、奥様から「おたく、トシはいくつ? あと何回、ホタカに行けると思ってるの? 却下」とピシャリ。

 ホタカまで、毎回、歩荷トレーニングをしている感じ???

 

さて、

f:id:alps6717:20201113202652j:plain

▼午前6時、上高地から歩き始める。

 

 

f:id:alps6717:20201113202727j:plain

河童橋から見た奥穂高岳。朝日が当たっている。

 

 

f:id:alps6717:20201113202824j:plain

本谷橋。ちょっと休憩。正面は北穂高岳

 

f:id:alps6717:20201113202939j:plain

 

f:id:alps6717:20201113203002j:plain

 

f:id:alps6717:20201113203023j:plain

▼正午過ぎ、やっと涸沢に到着。

 

 

f:id:alps6717:20201113203054j:plain

 

f:id:alps6717:20201113203115j:plain

 

f:id:alps6717:20201113203135j:plain

設営が終わった山小屋「涸沢ヒュッテ」。

 

 

f:id:alps6717:20201113203237j:plain

 

f:id:alps6717:20201113203259j:plain

 

f:id:alps6717:20201113203320j:plain

山の向こうに月が出た。幻想的・・・ (1日午後6時40分撮影)

 

 

 

【5月2日】

f:id:alps6717:20201113203537j:plain

▼午前6時過ぎ  もう北穂に向かう人がいます。

 

f:id:alps6717:20201113203635j:plain

北穂への途中、振り向けば、眼下にテント場が見えます。

 

f:id:alps6717:20201113203735j:plain

 

f:id:alps6717:20201113204043j:plain

北穂高岳に向けて北穂沢を詰めている時、右手に見えるのが「北穂東稜」(写真真ん中のゴジラの背のような岩山)。   その向こうの大きな山が常念岳です。

 

 

f:id:alps6717:20201113204340j:plain

すぐそこが北穂高岳の山頂。

 

 

f:id:alps6717:20201113204426j:plain

 

f:id:alps6717:20201113204447j:plain

穂高小屋で、お茶。

 

 

f:id:alps6717:20201113204537j:plain

眼下には、テント場。正面の山は前穂高岳

 

f:id:alps6717:20201113204644j:plain

 

f:id:alps6717:20201113204712j:plain

「涸沢ヒュッテ」の裏側では、常駐する長野県警救助隊の方が訓練中。

 

 

f:id:alps6717:20201113204818j:plain

 

 

 

【5月3日】

好天に恵まれたゴールデンウィークでした。満足。

▼下山します。

f:id:alps6717:20201113204932j:plain

 

f:id:alps6717:20201113204956j:plain

 

f:id:alps6717:20201113205016j:plain

奥穂高岳へのルート。

 

f:id:alps6717:20201113205037j:plain

穂高高へのルート。

 

f:id:alps6717:20201113205143j:plain

 

f:id:alps6717:20201113205225j:plain

 

f:id:alps6717:20201113205249j:plain

▼正午、上高地に到着です。