北穂高岳で味わう至福のひと時

山登りの記録、観光ではふつう旅行しない外国の風景、戦争の遺跡、登山での体調不良の原因など備忘録として書いています。

戦争と平和~見えなくなった戦争の痕跡・東京大田区(下)

 

f:id:alps6717:20210329172934j:plain

  多摩川土手の花と桜並木 (2021年3月27日撮影)

 

目次

 

 

 

 

軍需工場はいま・・・

都内の4分の1が大田区

 軍需工場(ぐんじゅこうじょう)というのは、戦争のための兵器や航空機、艦船の部品など軍需物資を生産したり修理する、政府が指定した施設のことです。

 

 戦時下の1944年(昭和19年)1月から指定し始めました。東京都内ではその年の8月時点で、695工場が指定され、そのうちの172工場が大森・蒲田地区(現在の大田区)だったことが、「極秘」の印が押された政府発行の名簿からはっきりしています。

 都内全体の軍需工場の四分の一が現在の大田区に集まっていたのです。

 

 

 

空襲で標的に

 軍需物資を生産する「軍需工場」は、戦争を継続するためには絶対必要な施設です。だから米軍のB29爆撃機による空襲が本格的に始まった1944年から、軍需工場が標的になりました。

  翌1945年(昭和20年)3月10日の東京大空襲からは、米軍の戦略が変わったようです。住民を殺戮することを空襲の第一の目的にし、焼夷弾を落として市街地を焼き払い、合わせてそこにある小さな軍需工場も焼こうとしたように見られます。

 

 軍需工場の「その後」を調べまし

 

 

 

 

 

三菱重工・丸子工場

 大田区下丸子の多摩川左岸沿いに、三菱重工の工場はありました。

 陸軍の強い要望で戦車の専門工場になり、九七式中戦車(きゅうななしきちゅうせんしゃ)というタイプの戦車を製造していました。この戦車は、敗戦まで陸軍が主力戦車として使っていました。

 

f:id:alps6717:20210329175906j:plain

 多摩川左岸のサイクリングロードからわき道にちょっと入ったところに、「碑」があります。(上の写真)


 スリーダイヤの下に、「丸子工場跡地」と大きな文字で書かれています。

その下には――

三菱重工業株式会社 東京機器製作所 

       昭和14年7月~昭和46年4月

 三菱自動車工業株式会社 トラック事業部 東京自動車製作所

       昭和46年4月~平成13年5月」

と記されています。

 

 

 この三菱重工・丸子工場一帯は1945年(昭和20年)4月から5月にかけての空襲で、甚大な被害を受けました。

 

 下丸子生まれの仏文学者・内田樹さんは自身のブログ「内田樹の研究室」で、次のように書いています。

三菱重工日本精工のような巨大な軍需産業の拠点がこの地域にあり、下請けの中小の町工場がそれを取り囲むように下丸子から蒲田に至るエリアに広がっていた。(中略)B29による空襲のかっこうの目標となり、戦争が終わった時には一帯はみごとに破壊し尽くされていた。」

 

f:id:alps6717:20210329183337j:plain

 丸子工場の跡地にはいま、高層マンションが建っています。(上の写真)多摩川土手のサイクリングロードは桜並木になっていて、毎年3月下旬から4月の頭にかけてお花見を楽しむ家族連れでにぎわっています。三菱重工の「碑」に目を止める人はいません。

 

 

 

 

 

北辰電機製作所

 北辰(ほくしん)電機製作所は、かつて存在した工業計器の専業大手メーカーでした。本社と主力工場が下丸子にありました。

 

 戦時中は航空計器や航海計器を製造。ゼロ戦に搭載する燃料計などの計器類は、この会社が製造、潜水艦に搭載する磁気コンパスもすべてこの北辰電機製作所でつくったといいます。

 

 空襲で下丸子工場は壊滅的打撃を受けました。

f:id:alps6717:20210329184700j:plain

 跡地は現在、キヤノン本社となっています。(上の写真)

 

 

 

 

中央工業・大森工場

 現在の大田区大森西、東邦大学医療センター大森病院近くにあった軍需工場です。

1936年に3つの会社が合併して設立され、合併当時の全従業員は約3万人でした。

 

 戦時中は陸軍からの要望で、将校が身に付ける拳銃を生産。ほかに軽機関銃も製造していました。

 

 300メートルほど離れた帝国女子理学専門学校(現・東邦大学理学部)の学生が、中央工業に旋盤工として長期にわたって勤労動員されたという記録が残っています。

 

 中央工業・大森工場は空襲で甚大な被害を受けましたが、戦後、焼け残った建物を修復するとともに増築し、操業を再開しました。

 

 その後、「新中央工業」という名称で中央工業からから分離して再発足。さらに

日本ミネチュアベアリングに吸収合併され、事業所名もミネベア大森工場になりました。

 ミネベア大森工場では、警官用の拳銃防衛省向けの航空機装備品、ロケットの装備品などを生産していましたが、群馬県に新工場を建設して移転。2013年末に大森工場を閉鎖しました。

 

f:id:alps6717:20210329190915j:plain

 跡地には、11階建てのマンションが建っています。

 

 ミネベアは2017年にミツミ電機経営統合して社名をミネベアミツミに変更しました。現在も警察や自衛隊向けに拳銃を生産しているようです。

 

 

 

 

 

日本特殊鋼・大森工場

 この会社は、もう大田区にはありません。

 

  戦時中は、いまの大森東にありました。敷地は12万平方メートルもありました。

 

f:id:alps6717:20210329192008p:plain

f:id:alps6717:20210329192033p:plain

  上の写真と図は、「工場まちの探検ガイド」がら引用

 

 

f:id:alps6717:20210329195056j:plain

  日本特殊鋼があった場所は、現在の平和島の南で、「平和の森公園の南半分」と「都営住宅」「区営住宅」「都立美原高校」「大森東小学校」のあたりです。戦後、日本特殊鋼の東側の東京湾が埋め立てられて公園や倉庫街になっているため、往時をしのぶことはできません。

 

 

 「存亡――ある名門企業・日本特殊鋼60年の光と影――」(野口幹世・にじゅういち出版」によりますと、

戦時中はゼロ戦に搭載する破壊力の強い「20ミリ機関砲」をはじめ、陸・海軍の要請で航空機部品、艦船用タービン翼、機関砲部品、軽装甲車などを開発し、実戦で使われたとのこと。

 

  また、「日特の今昔を語る」(鬼棒会発行)によりますと、

昭和20年4月15日深夜、大森工場が空襲焼夷弾や爆弾を投下されて被災。兵器工場付近で火災が発生したため、日特社員がポンプを引いて海から水をくもうとしたが、引き潮で水がなく、そうこうするうちにポンプ付近に爆弾が落下して、7人が即死、2人が入院後死亡、3人が重軽傷という悲惨な事態になりました。

 

 日本特殊鋼は1964年(昭和39年)、東京地裁会社更生法の適用を申請。2年後に消滅し、大同特殊鋼に吸収合併されました。

 

 

 

 

 

東京計器製作所

 この会社は戦後、名称を「東京計器」に変更しましたが、戦前から所在地は大田区南蒲田です。

 

f:id:alps6717:20210329203042j:plain

  東京計器・本社ビル

 

 

 明治時代から航海用の磁気コンパスの生産をしており、日露戦争の時の旗艦「三笠」の司令塔内にも使われました。

 太平洋戦争の時も海軍の戦艦「大和」や「武蔵」に、この会社がつくった磁気コンパスが搭載されました。

 

 空襲で壊滅打撃を受けた後、わずかに残った生産機器を使って鉛筆削りや圧力鍋の製造を開始。圧力鍋には「文化鍋」という名前を付けて、三越松屋松坂屋などで売ったそうです。

 

 

 

 

 

新潟鐵工所・蒲田工場

 JR蒲田駅から南に少し進み、環八通りを横切った蒲田本町にあった新潟鐵工所・蒲田工場。1921年(大正10年)、この地に蒲田工場ができ、日本初の船舶用ディーゼル機関を組み立てました。

 

 戦時中の1945年(昭和20年)4月15日の空襲で壊滅的な打撃を受けました。

 

 戦後の1976年(昭和51年)に工場は群馬県に移転。跡地はUR都市機構などに売却されました。

 そして2001年、バブル景気崩壊などで業績が悪化し、新潟鐵工所東京地裁会社更生法の適用を申請し、経営破綻。主要な事業は他社に譲渡し、2007年夏、清算業務を終え、解散しました。

 

f:id:alps6717:20210329205146j:plain

f:id:alps6717:20210329205212j:plain

 跡地には現在、UR賃貸住宅都立蒲田高校が建っています。団地の植え込みの中に「石碑」が建っています。

 「日本舶用ディーゼル機関発祥之地 株式会社新潟鐵工所」と書かれていますが、気に留める人がいるかどうか。

 

 

 

 

 

荏原製作所・羽田工場

 

 ポンプやコンプレッサを製造する大手です。アジア太平洋戦争の末期には、極秘のうちに日本初のジェット機を試作していました。

 

 

 以下は、大田区が発行した「大田区史 下巻」からの引用です。

(P586~589)

 

 「昭和20年の初め、荏原製作所羽田工場に海軍から、特攻兵器『ネー20』の製造命令が出た。これは航空機のジェットエンジンの軸流圧縮機で、もともとドイツの戦闘爆撃機に使用されていたものである。海軍はこのエンジンの輸入を企て、潜水艦で運んでいたところ、シンガポールの沖で撃沈されたので、海軍所持のエンジン断面図を頼りに試作しようとしたのであった。試作機を試作中、羽田工場は4月3日に空襲を受け、川崎工場で製作を続けた結果、20年6月に完成した。この圧縮機を乗せたジェット機は『橘花(きっか)』と呼ばれた。第一回の試験飛行は成功したが、8月11日の2回目は離陸後すぐ海に墜落して失敗。ときすでに敗戦の8月15日目前であった」

 

荏原製作所・羽田工場が空襲されたのは、昭和20年4月3日の夜であった。B29は超低空飛行でエンジンを止めて西側から侵入してきた。そして、投下した爆弾がまず、機械工場の真ん中に命中した。機械工場はほとんど壊滅状態になった。(中略)この夜、B29が羽田工場めがけて投下した爆弾は、250キロ爆弾25発であった。このうち構内からそれたものは1発だけで、24発は構内に落ちたのである」

 

終戦となってみると、戦争中に特攻兵器をつくっていたことに対し、進駐軍から処罰される恐れがあった。羽田工場の課長は、何とかして特殊兵器を作っていなかったこにしたいと考えた。そこで海軍の東京監督庁に相談を持ち掛けたところ、『荏原羽田工場の特攻兵器の処分は生産責任者に一任する』と指示してきた。(中略)8月18日夜、闇夜に乗じて羽田の釣り船を3そう雇って、金物を捨てに行った。捨てに行く人を頼むのに苦労したが、結局、製缶工場の工員にたばこの特配をして引き受けてもらった」。

 

 

 荏原製作所のホームページの会社沿革では、戦時中のことは触れていません。

 

 荏原製作所は2007年、大田区羽田旭町の羽田工場跡地を、ヤマト運輸に売却しました。

 

f:id:alps6717:20210329213720j:plain

 ヤマト運輸は2013年からここに、物流ターミナル「羽田クロノゲート」を設置しています。