北穂高岳で味わう至福のひと時

山登りの記録、観光ではふつう旅行しない外国の風景、戦争の遺跡、登山での体調不良の原因など備忘録として書いています。

北欧~「コロナ禍」前のヘルシンキ点描(フィンランド)

f:id:alps6717:20210811110529j:plain

 凍てついたフィンランド北部の街、サーリセルカのホテル

              (2017年11月22日正午撮影=現地時間)

※(時差は7時間。日本時間は、現地時間にプラス7時間となる)

 

 

目次

 

 

 

2017年11月24日~25日の写真記録

 

サーリセルカのホテル

 夜空に揺れる幻想的な光の帯、オーロを一度見たい、というわけで、北極に近い北欧フィンランドに行きました。

 

 2017年11月下旬です。泊まったのはサーリセルカという小さな街。

サンタズ・ホテル・トゥントゥリという宿に3泊しました。

 

f:id:alps6717:20210811111321j:plain

 サンタズ・ホテル・トゥントゥリの前庭です。

 

 

f:id:alps6717:20210811111500j:plain

 ここは日本人のツアー客が多く利用するようです。

 

 

f:id:alps6717:20210811111610j:plain

 ホテル内の張り紙には、日本語で売店の説明が書かれていました。

 

 

f:id:alps6717:20210811111913j:plain

f:id:alps6717:20210811111932j:plain

 トイレのドアです。分かりやすい説明です。

 

 

 

www.shifukunohitotoki.net

 

 

 

イヴァロ空港

 サーリセルカ村から北に25キロの位置にあり、フィンランドで最北の空港です。

 

f:id:alps6717:20210811113827j:plain

 11月24日午後7時すぎ(現地時間)、イヴァロ空港ターミナルビルから歩いてフィンエアーに乗り込みました。

 

 

f:id:alps6717:20210811114352j:plain

 ヘルシンキに向かいます。

 

 

 

ヘルシンキの街

f:id:alps6717:20210811114631j:plain

 11月25日朝、宿泊した空港近くのホテル「クムルスシティエアポート」から、無料のシャトルバスに乗ってヘルシンキ・ヴァンター空港に移動します。

 

f:id:alps6717:20210811114935j:plain

 空港に着いたら、ターミナルの地下通路を通って電車乗り場に向かいます。

 

f:id:alps6717:20210811115847j:plain

f:id:alps6717:20210811115919j:plain

 自転車と一緒に乗ることもできるんですねえ。この電車。

 

 

f:id:alps6717:20210811120236j:plain

f:id:alps6717:20210811120257j:plain

 ヘルシンキ中央駅

 ヘルシンキからフィンランド国内の各都市に向かう列車のほとんどが、この駅から出ているとのことです。

 

 

f:id:alps6717:20210811120350j:plain

 トイレ。使うには、1ユーロが必要でした。

 

 

f:id:alps6717:20210811120647j:plain

 ヘルシンキ中央駅の外観。

 

 

ヘルシンキ大聖堂

f:id:alps6717:20210811120927j:plain

 ヘルシンキのランドマーク的な存在です。ヘルシンキ大聖堂!

 真っ白な壁に、青銅のドーム状の屋根です。気品がある感じ。

 

f:id:alps6717:20210811121109j:plain

f:id:alps6717:20210811121425j:plain

 ヘルシンキ大聖堂の中です。

 

 

f:id:alps6717:20210811121521j:plain

 ヘルシンキ大聖堂のすぐ下の石畳の広場が元老院広場

 立っている像は、ロシア皇帝アレクサンドル2世。なんで「ロシア」なの?というところですが、フィンランドはかつてロシアの支配下にありましたが、歴代のロシア皇帝の中でも、この皇帝はフィンランド語を公用語として認めるなどしてフィンランド国民から慕われたため、現在も残っているらしいです。

 

 

f:id:alps6717:20210811122211j:plain

 ウスペンスキー院。赤レンガ造りの教会です。

 

f:id:alps6717:20210811122325j:plain

f:id:alps6717:20210811122619j:plain

 ここがウスペンスキー寺院の入り口ですが、階段下で女性が容器を置いて物乞いしていました。

 

 

 

マーケット市場

f:id:alps6717:20210811122856j:plain

 よく知られたマーケット市場です。

 

f:id:alps6717:20210811122927j:plain

 サーモンスープがおいしかったです。

 

f:id:alps6717:20210811122959j:plain

 果物や野菜、魚、スープや衣料などを売る屋台が並んでいて、見て回るだけでも楽しい。

 

 

 

2019年5月14日~15日の写真記録

ヘルシンキの街、再び

 

テンペリアウキオ教会

f:id:alps6717:20210811123422j:plain

f:id:alps6717:20210811123440j:plain

 大きな岩をくりぬいて造った教会。「岩の教会」「ロックチャーチ」とも呼ばれるそうです。

 

f:id:alps6717:20210811123505j:plain

 上部の側面には、ガラス窓がはめ込まれていて、光が差し込みます。

 

 

シベリウス公園

f:id:alps6717:20210811123818j:plain

 「シベリウス」というフィンランドで代表的な作曲家の業績を高く評価して記念に造られたという公園。

 パイプオルガンをモチーフにしたモニュメントがあります。その近くには、シベリウスの肖像も・・・。

 

 

ヘルシンキ大聖堂

f:id:alps6717:20210811124159j:plain

 大勢の人がいます。

 

 

とっても美しい街、ポルヴォー

f:id:alps6717:20210811124340j:plain

 赤レンガ色の木造倉庫群

 

 

f:id:alps6717:20210811124631j:plain

 ヘルシンキの東、50キロの地点にあるフィンランドで2番目に古い街です。

 川沿いの赤い倉庫群は18世紀に建てられたそうです。貿易で仕入れた香辛料を保管していたとか。

 

 

f:id:alps6717:20210811125045j:plain

 旧市街も絵になります。

 

 

f:id:alps6717:20210811125139j:plain

f:id:alps6717:20210811125203j:plain

f:id:alps6717:20210811125222j:plain

f:id:alps6717:20210811125242j:plain

f:id:alps6717:20210811125300j:plain

 石畳の道に、アイスクリームスタンドやカフェ、ショップが並んでいました。

 

 

f:id:alps6717:20210811125436j:plain

 

f:id:alps6717:20210811125632j:plain

 ポルヴォー大聖堂というそうです。旧市街の丘の上に建っていて、ポルヴォーの街のシンボルになっているようです。