北穂高岳で味わう至福のひと時

標高3000㍍の雪山登山、海外出張で垣間見た街の風景や反戦・平和への思いなどを写真でつづるおじさんの記録です。

穂高~2021年④上高地帝国ホテル前の「遭難者合同墓地」と荼毘

f:id:alps6717:20211018145552j:plain

 昭和8年(1933年)に誕生した名門・上高地帝国ホテルの外観。(2021年10月9日撮影)

 

 

 

目次

 

 

 

 

 調べものをしていたら、上高地帝国ホテルの近くに、山で遭難した人たちの「合同墓地」があることを偶然知りました。

 

 ❝遭難❞というのは他人ごとではないので、涸沢に行った帰りの2021年10月9日に、現場を訪ねました。

 

 

 

ホテル前が合同墓地だった

f:id:alps6717:20211018150435j:plain

 2万5千分の1の地形図を拡大。左上が、上高地帝国ホテル。

 

 

 

f:id:alps6717:20211018150653j:plain

 ホテル前のバス停

 

 

 遭難者の合同墓地があるのは、事前の調べでは、「バス停から50㍍ほど県道を田代池方面に行った地点で、山側の樹林(左手)に入る」という記述がありました。

 

 

f:id:alps6717:20211018151231j:plain

 踏み跡がありました(上の写真)。ここから樹林帯に入って、送電線の下のクマザサの中を数十㍍進んだ右手らしい。

 

 

 

f:id:alps6717:20211018151536j:plain

 ところが10㍍も進んだところで、踏み跡は消えた。

 

 

f:id:alps6717:20211018151711j:plain

 背丈が1㍍50㌢ぐらいのクマザサの中を、右側をチラチラ見ながら進む。

 

 

f:id:alps6717:20211018151927j:plain

 だいぶ進んでも広場らしいものは出てこず、気味悪くなってきたので戻ろうかと思った瞬間、立木の向こうにネズミ色の物体が視界に入りました。見つけました。

 

 

 

f:id:alps6717:20211018152605j:plain

 墓碑です。

 周りを見ると、あそこにも、ここにも・・・。文字が刻まれていますが、読み取れないものも。

 10基ほど確認して、現場からの離脱に取り掛かりました。

 

 

 

 

火葬した場所は「八右衛門沢」

f:id:alps6717:20211018153014j:plain

 

 今のように、県警のヘリコプターが遭難現場から電話すればすぐに飛んできて救助・収容してくれる時代ではありません。

 

 山から容易に降ろすことができない遺体は、上高地まで大勢の人手で時間をかけて下ろして荼毘(だび)に付した、という話は、何度か聞いていました。

 でも、どこで火葬していたんだろうか、と気になっていました

 

 

 それが、木村 殖(しげる)さんという方の自伝「上高地の大将」(実業之日本社発行)を読んで、様子が少しわかってきました。

 

 

f:id:alps6717:20211020072457j:plain

 木村殖さん。 (「上高地の大将」から引用)

 

 

 木村さんは、上高地帝国ホテルが昭和8年に建設された時、ホテルの管理人になった方。ホテルの裏に山小屋「木村小屋」を建てて、大学山岳部員らの登山計画の相談に乗りました。長野県山岳遭難防止対策協会(会長:知事)の北アルプス南部地区の救助部長としてもボランティアで多くの遭難救助に貢献した人です。

 

 

 

山での火葬は遺族からの依頼

 木村さんは自伝で次のように書いています。

 「私たちは初めのころ、遺体はすべて松本まで運び、そこで火葬にしてしまえばよいと思っていたし、そのつもりでもあった。」

 「ところが、里へ運ぶにしても、冬ならソリを使って雪道を通さなくてはならないし、また、乗用車を頼んだところで、なかなか乗せてはくれない。いくら料金を倍額払うといっても、商売柄、縁起を担いでお断りを食うのが関の山なのである。」

 「この『隠亡(おんぼう)』という、人の嫌がる仕事は、上高地に住んでいる限り、誰かがやらなくてはならない。若い連中に頼んだところで、『隠亡なんてまっぴらごめんだじ。嫁の来てがないで」と言われるのがオチだ。」

 「そうこうしているうちに、遺族の中からは『好きな山で死んだのだから、せめてここで荼毘に付していただけたら、故人も本望だと思います。ぜひお願いします』という声が出てきたりして、むげに断れなくなり、ようやく(上高地での荼毘を)引き受けるようになった。」

 

 

 

500体を火葬した

f:id:alps6717:20211018160359j:plain

 写真は、昭和9年夏、秩父宮さまを岳沢の雪渓へご案内した際に、ステップを切る木村さん(左端)。その右は、秩父宮、同妃殿下、付き人たち。(「上高地の大将」から引用)

 

 

 木村さんが自伝を書いた昭和44年までに、木村さんが遭難救助活動に出た回数は、1400回から1500回

 死者は多い年で47人、少ない年で6人。「山で荼毘に付したのは500体を超えるのではないかと思う」と書いています。

 

 

 

 

八右衛門沢(はちえもんざわ)

 荼毘に付すことが許される場所は、松本営林署によって、八右衛門沢押し出し地域と決められていた、と言います、

 

 八右衛門沢は、六百山と霞沢岳の間の沢で、端っこは扇状地になっています。

 当時、霞沢岳への登山は、帝国ホテル前から、踏み跡程度のクマザサの道を歩いて八右衛門沢に出て、沢筋を登って頂上に立ったようです。(現在は徳本峠から登るのが一般的)

 

 

 

薪(たきぎ)の切り出しにも許可が必要

 木村さんの自伝によると、火葬のための薪は、松本営林署から一括払い下げを受けました。薪の切り出しは許可を得てから2ヵ月以内。冬の間に伐採して運び、薪として切り、積み上げて蓄えました。「なるべく人目につかない場所に置くように」との指導もありました。

 

 荼毘に要する時間は約4時間。火葬が終わると遺族は故人の喉ぼとけや大きな骨だけを収めて帰るのが普通で、残った骨は焼いた場所に埋められました。その際、木村さんは、「墓標は禁じられているので立てないでください。簡単な印だけで我慢してください」とお願いしたといいます。

 

 

 

合同墓地に墓を引っ越し

f:id:alps6717:20211018162703j:plain

 クマザザに埋もれ、見つけにくくなった合同墓地。

 

 

 「墓標を立てないで」とお願いしたにもかかわらず、「何年かすると、焼き跡に当初置かれた小さな石が、立派なお墓になり、なかには石垣を積んでコンクリートで固めて、その中央にケルンが造られたものまで出てきた」といいます。

 

 昭和43年初めには河原の墓地がいっぱいになって観光面で見た目がよくなくなり、松本営林署は全国112人の遺族に、撤去または移転させるというお達しを出しました

 

 国有地を墓にすることはそれまでも許されておらず、また、国立公園内で火を使って荼毘に付すことも禁止事項でしたが、「黙認」してきたのでした。

 

 

90基が遭難慰霊碑として残った

 昭和43年(1968年)7月1日、現地で合同慰霊祭が行われ、遺族と連絡がついた約90基が、上高地帝国ホテル近くの「合同墓地」に引っ越し、「遭難慰霊碑」という格好で残されることになりました。

 

 

 

 

 以下、合同墓地でみた慰霊碑の数々です。

 

f:id:alps6717:20211018165149j:plain

 植村光伸 25歳    松澤鐡男 24歳

 

 

f:id:alps6717:20211018165353j:plain

 とこしえの生命

 

 

f:id:alps6717:20211018165442j:plain

 お日さまみてるとわいてくる

 お星さまみてるとわいてくる

 ひとりじゃないのさ

 幸わせさ

 いつもいつでも照らしてる

 俺は俺は

 孤独じゃないさ

 

 

 

f:id:alps6717:20211018165715j:plain

 記念碑

 純粋無垢な

 行為と瞑想に

 若き情熱傾けし

 君が穂高

 今日も美くし

 

 

 

f:id:alps6717:20211018165909j:plain

 中村俊彦 30歳 昭和42年3月11日没 

 安部幸男 29歳 昭和42年3月12日没

 前穂高岳東壁Dフェースにて永眠す

 遺族 横須賀山岳会

 

 

 

f:id:alps6717:20211018170239j:plain

 雪深き 山ふところに 抱かれて 永久に ねむりし 吾子よ 安けく

 

 

f:id:alps6717:20211018170425j:plain

 昭和36年8月5日前穂高重太郎新道にて遭難この地に永眠す

 吉住福夫 21才

 昭和42年8月5日

 東京都江戸川区松島4-2-16

 吉住一 建之

 

 

 

 

f:id:alps6717:20211018170736j:plain

 碑 西尾××(判読できず)

 

 

f:id:alps6717:20211018170920j:plain

 ×××(判読不能

 ブラックニッカ(ニッカウヰスキー)の小瓶が添えられていました。

 

 

 

 

火葬は禁止になり、慰霊碑の設置も認められない

 松本営林署は昭和43年(1968年)7月、「上高地では火葬をしないようにしてほしい」というお達しを出しました。

 これ以降、遺体は松本や塩尻信濃大町まの火葬場まで多額の金銭を使って下ろすようになりました。

 

 長野県警にヘリコプターが配備されたのは、これより13年後の昭和56年(1981年)でした。

 

 遭難慰霊碑についても、環境省は現在、国立公園での設置を認めていません。

 

 

 上高地帝国ホテル近くの合同墓地に、わが子の慰霊碑を移したご遺族は90歳を超え、山岳会・大学山岳部の岳友も70歳を超えたでしょう。ここを訪れる人はやがていなくなるのでしょうか。

 帰り際、手を合わせ、頭を下げました。

 

f:id:alps6717:20211020072541j:plain