北穂高岳で味わう至福のひと時

北アルプスの登山、散歩、旅行、反戦・平和への思いなどをデジカメでパシャッと撮った写真中心に記録しています。

羽田空港の周辺が変わってきたよ

f:id:alps6717:20220316161712j:plain

 羽田空港の端っこにある「平和の大鳥居」。近くを飛行機が飛び立ちます。

 

 

 コロナ禍で、東京都大田区羽田空港は、国際線の運休、減便が続いて暗いムード。それでも目を地上に向けますと、空港「跡地」で再開発が着々と進んでいるんですね。立派な建物や施設が次々にオープンです。

 2022年3月12日には、羽田空港川崎市臨海部の間を流れる多摩川に橋が架かりました。

 多摩川スカイブリッジです。

 

 

 

f:id:alps6717:20220316162429j:plain

 開通した橋と、その上を行く歩行者の姿。

 

 

 羽田空港周辺の空港「跡地」がどう変わりつつあるのか、歩いてみてきました。

 

 

 

目次

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

羽田空港の「跡地」って何のこと?

 羽田空港の「跡地」と言われている部分は、京急天空橋」駅から、羽田空港第3ターミナル(旧国際線ターミナルにかけて広がる、約53ヘクタール(53万㎡)の土地のことです。

 

f:id:alps6717:20220316163131j:plain

 上の写真の左下が「跡地」の「第1ゾーン」。写真中央はB滑走路

 

 

 跡地」というのは、B滑走路の先端部分の土地のことです。羽田空港は飛行機の離着陸時の騒音が問題になって、沖合を埋め立てて空港の敷地にする「沖合展開事業」を進めてきましたが、その時にB滑走路も400㍍ほど北側に移動させたために空き地ができたのです。その空き地が「跡地」です。

 

 「跡地」は2つのエリアから成っていて、「第1ゾーン」は「天空橋」駅近く「第2ゾーン」は第3ターミナルの南側です。

 

 

 

羽田イノベーションシティ

新しい街づくりが進む

f:id:alps6717:20220316164458j:plain

 一部出来上がった「羽田イノベーションシティ」の外観。

 

 

 「第1ゾーン」というところは、「羽田イノベーションシティ」という名前のエリア。

 このエリア一帯がインターネットでつながった「スマートシティ」という新しい街にしよう、という試みです。

 鹿島建設が中心になって大手企業9社が出資して地上10階、地下1階の建物を造って、大ホールや食事を楽しめるスペースを設けるようです。

 2020年秋に一部の店がオープンしていて、若い人を多く見かけます。

 

f:id:alps6717:20220316165238j:plain

 現在、人気があるのは、「足湯スカイデッキ」というスペース。無料です。足を湯に突っ込んでおしゃべりを楽しんだり、B滑走路から離陸のため手前に向かって滑走してくる飛行機が、頭上を飛び去るシーンを撮影できる絶景ポイントなんです。

 

 

 

f:id:alps6717:20220316165638j:plain

 足湯スカイデッキのフェンスには、カメラを持ったファンがズラリ。

 

f:id:alps6717:20220316165810j:plain

f:id:alps6717:20220316165830j:plain

 

f:id:alps6717:20220316165853j:plain

 ここは各建物を結ぶ歩行者用のデッキ。

 

f:id:alps6717:20220316165949j:plain

 建物は今も増築されていて、全面開業は来年2023年らしい。

 

 

 

ホテル・ヴィラフォンテーヌ

開業予定は2年前・・・いまだメド立たず

f:id:alps6717:20220316170240j:plain

 気の毒なホテルです。その名は、「ホテル・ヴィラフォンテーヌ」。

 

 「跡地」の「第2ゾーン」は、空港第3ターミナルの南側ですが、この川沿いに豪華ホテルが建ちました。

 住友不動産が建てたホテル・ヴィラフォンテーヌです。

 

f:id:alps6717:20220316170646j:plain

 ホテルの客室は、ハイグレードの1557室のほかに、それ以上の富裕層向けに160室、計1717室あるそうです。ホテルのほかにも、天然温泉展望風呂、イベントホール、会議室、商業施設、バスターミナルといった施設をあわせ持っています。

 

 このホテル、訪日外国人が増え続けていることや東京オリンピックパラリンピックの開催を念頭に置いて、国から土地を借りて建設し、2020年4月に開業の予定でした。

 ところが、コロナ禍で開業延期を決定。その夏の開業を目指しましたが、国内線も旅行者の大幅な減少が続くために再度延長に。

 

f:id:alps6717:20220316171523j:plain

 写真は、従業員用の自転車置き場。

 開業のめどはたっていません。

 

 

 

 

 

ソラムナード羽田緑地

f:id:alps6717:20220316171704j:plain

 「第2ゾーン」の多摩川沿いに2020年4月、細長い公園がオープンしました。

 ソラムナード羽田緑地です。

 

 

f:id:alps6717:20220316171904j:plain

 細長い公園の長さは1㌔近くあります。散策路が整備され、ベンチもあります。ゆったり歩いて、飛行機や川面を眺めるのもいいものです。

 

f:id:alps6717:20220316172117j:plain

 南から強い風が吹く日は、午後3時以降、B滑走路からの離陸シーンを撮影できます。

 

 

 

 

多摩川スカイブリッジ

f:id:alps6717:20220316172321j:plain

f:id:alps6717:20220316172337j:plain

 2022年3月12日に開通した、多摩川に架かる橋です。

 

 羽田空港と、川崎市医療分野の研究・開発拠点「キングスカイフロントとを結ぶ長さ840メートルの道路です。

 

 

f:id:alps6717:20220316172645j:plain

 橋の名前は、「多摩川スカイブリッジです。

 工事の施工者は川崎市です。

 

 

f:id:alps6717:20220316172757j:plain

f:id:alps6717:20220316172814j:plain

 この道路の中央の675㍍は橋梁で、車道と歩道、自転車道が区分されています。

 

f:id:alps6717:20220316173002j:plain

 開通初日の3月12日は、歩行者が大勢いました。

 

f:id:alps6717:20220316173126j:plain

f:id:alps6717:20220316173152j:plain

f:id:alps6717:20220316173218j:plain

f:id:alps6717:20220316173231j:plain

 ただ単に橋を渡るのではなく、みなさん、橋の上からの景色を楽しんでいるようでした。

 

f:id:alps6717:20220316173418j:plain

 

f:id:alps6717:20220316173434j:plain

 

f:id:alps6717:20220316173450j:plain

 

f:id:alps6717:20220316173507j:plain

 多摩川スカイブリッジの歩道の上に、プレートがはめ込まれていました。

 

f:id:alps6717:20220316173554j:plain

 「初日の出」を拝むには、このポイントがいいよ、というわけでしょうか。

 

f:id:alps6717:20220316173712j:plain

 あちらから陽がのぼるようです。

 

f:id:alps6717:20220316173817j:plain

 

 

f:id:alps6717:20220316173910j:plain

 橋は、多摩川の河口のすぐ近くです。

f:id:alps6717:20220316174036j:plain

 多摩川河口から見た橋とホテルです。

 

f:id:alps6717:20220316174125j:plain

 上の写真は、多摩川スカイブリッジの上から見えるキングスカイフロントです。

 

 

 

 

キングスカイフロント

 その「キングスカイフロント」というのは、羽田空港の対岸にある40ヘクタール(40万㎡)のエリアです。地番は、川崎市殿町。

 ここに新しい薬の開発や難病の治療方法の研究、医療機器の研究開発といった、健康・福祉・医療にかかわる企業や研究機関が進出してきているのです。

 

 

f:id:alps6717:20220316180104j:plain

 かつての「いすゞ自動車川崎工場」( 川崎市作成のパンフレットから引用)

 

 

 もともとこの土地には、いすゞ自動車川崎工場がありました。ところが2000年ごろ経営が悪化し、川崎工場の機能を別の工場に移して閉鎖。跡地は2004年、東側半分をヨドバシカメラに、西側半分を都市基盤整備公団(現在のUR都市機構)に売却しました。

 

 跡地を取得したUR都市機構が川崎市と相談して土地区画整理をし、生まれたのがキングスカイフロントだそうです。

 

 キングスカイフロントに集まるのは、川崎市の説明だと、現時点で70の企業や機関。ライフサイエンス(生命科学)分野の就業者は約1400人、うち研究者は約600人で、博士号を取得している人は約300人いるそうです。

 

 

 

 

 散歩していて目についた建物を、以下に載せておきます。

 

★実験動物中央研究所(略称「実中研」)

f:id:alps6717:20220316181707j:plain

 人間の体内に似た機能のある「ヒト化マウス」という実験動物を作製したり、新たな動物実験の開発と実用化に取り組み、ヒトの病気の研究と解明に努めている。

 

 

★CYBERDYNE(サイバーダイン)

f:id:alps6717:20220316182030j:plain

 装着型のロボットを研究開発・製造・販売をしている会社。新しい研究施設がこの2月に完成したばかりという。

 

 

★ペプチドリーム

f:id:alps6717:20220316182242j:plain

 2006年に設立されたバイオ医薬品企業。

 

 

★ライフイノベーションセンター

f:id:alps6717:20220316182400j:plain

 失われた組織や臓器の機能を、細胞を使って再生を目指す医療のことを「再生・細胞医療」といいますが、この事業化を目指して企業、大学26事業者が入居しているそうです。慶應義塾大学シスメックスタカラバイオほか。

 

 

日本アイソトープ協会川崎技術開発センター

f:id:alps6717:20220316182835j:plain

 アイソトープ製品の試験・研究開発、普及啓発などしている。

 

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン

f:id:alps6717:20220316182954j:plain

 医療従事者を対象にした、先端医療技術を安全に使うための訓練施設。病院の手術室や検査室が再現されている。

 

 

富士フィルム富山化学

f:id:alps6717:20220316183128j:plain

 主に、がんやアルツハイマー病の診断のための放射性医薬品を研究開発している。

 

 

ヨドバシカメラ

f:id:alps6717:20220316183427j:plain

 ここで商品を一時保管し、配送している物流センター。

 

 

 

★交番

f:id:alps6717:20220316183529j:plain

 敷地の一角には、お巡りさんも常駐します。神奈川県警川崎臨港署殿町交番です。