北穂高岳で味わう至福のひと時

標高3000㍍級の登山、国内外の旅行、歴史探訪、反戦・平和への思いなど備忘録としてつづっています。

旧ソ連~共産党幹部用のホテルが今は観光ホテルに変身したらしい

f:id:alps6717:20220327114715j:plain

 モスクワのオクチャブリホテルの玄関わき(1990年1月14日撮影)

 

目次

 

 

 

 

 ウクライナ情勢が心配です。

 パソコンでググっていて、懐かしい名前のホテルを見つけました。むかしのことですが、ソ連時代にモスクワで泊まったオクチャブリホテルという名前の巨大ホテルです。

 

 ソ連邦がその1年後に崩壊したのでどうなったのか気になっていました。

 今はプレジデントホテルと名前を変えて営業していることが分かりました。

 懐かしさのあまり、古いボケボケの写真ですがアップしました。それだけのことです・・・。

 

 

 

オクチャブリホテル

f:id:alps6717:20220327115518j:plain

 ホテルの中。2階部分から1階のロビーをのぞき込んだひとこま。

 

 

 オクチャブリホテルの名前が見つかったのは、文春オンライン3月23日配信の記事でした。

 作家・佐藤優さんの「死神プーチンの仮面を剥げ」という題の記事で、「文芸春秋」2005年12月号の再録だとか。

 

 私がモスクワでそのホテルに泊まったのは、1990年1月のことでした。自民党の国会議員団がソ連共産党中央委員会に招かれたんですが、仕事で同行して、2泊しました。

 

 

f:id:alps6717:20220327120258j:plain

 これがオクチャブリホテルの外観です。

 いかめしい柵に囲まれたレンガ色の巨大な建物。ゲート脇に、看板などありません。セキュリティは厳重でしょうが、隔離されてしまうような、奇妙な気持ちでした。

 

 

f:id:alps6717:20220327120604j:plain

 ホテルの正面玄関(写真左端が入り口)。

 

 モスクワ中心部にあるこのホテルは14階建て、とあとで知りました。1983年に開業して、ロシアをはじめソ連邦の各共和国のトップや外国の政治訪問団を受け入れた場所だそうです。自民党の訪問団も、その1つだったわけですね。

 

 

f:id:alps6717:20220327121039j:plain

 作家の佐藤優さんは、ロシアの日本大使館に三等書記官として勤務したことがある元・外交官。彼の記事を読むと、私たちが泊まったオクチャブリホテルは、ソビエト社会主義共和国連邦が崩壊したあとは、ロシア連邦大統領府が管理する「プレジデントホテル」と名前が改められ、今日に至っているようです。

 

 

 記事をみますと、この建物は、ブレジネフソ連共産党書記長時代にノーメンクラトゥーラ(=ロシア語で特権階層のこと)のために建てたとか。

 正しい名前は、オクチャブリ第2ホテルフィンランドの建設会社が建てたようで、佐藤さんは「天井が高く、ホールが大理石張りの準迎賓館だ」と書いています。

 

 

f:id:alps6717:20220327122125j:plain

 204室あるようです。だだっ広い部屋に1人ずつ、入れられました。

 

f:id:alps6717:20220327122243j:plain

 テレビ(左端)は、あの当時、ブラウン管でしょうね。

 こんな広いスペースを1人で使ってええんだろうか、KGB(秘密警察)に監視カメラで見られているかも、とか、テレビが怪しい、なんて思ったりしました。

 

 

f:id:alps6717:20220327122440j:plain

 写真がボケていますが、トイレと浴室です。広く、かつ、きれいでした。ビックリしました。

 

 

 

f:id:alps6717:20220327122608j:plain

 

f:id:alps6717:20220327122620j:plain

 

f:id:alps6717:20220327122638j:plain

 部屋から見たモスクワの冬景色・・・。

 

 

f:id:alps6717:20220327122720j:plain

 

 

f:id:alps6717:20220327122755j:plain

 ホテルの2階に設営されたプレス・ルーム。卓上には、電話機がポツンポツンと置かれています。

 

 

f:id:alps6717:20220327122905j:plain

 日本に電話する時は、部屋の片隅にいる交換手の女性の世話になりました。

 

 

 

いま「プレジデントホテル」と改称

f:id:alps6717:20220327123026j:plain

 道路から見たオクチャブリホテルの外観。

 

 

 ホテルは今、プレジデントホテルというふうに名前が変わっているので、昔のことを知らない旅行者もいるようです。

 

 リフォームされたホテルは、ヨーロッパからの観光客に使われるし、日本人もそれなりに泊まっているようです。国際会議に使われるようですね。

 

 

f:id:alps6717:20220327123350j:plain

 モスクワのみやげ物屋の入り口。

 

 

f:id:alps6717:20220327123419j:plain

 おみやげに、ウサギの毛皮の帽子を買いました。あったかいです。