北穂高岳で味わう至福のひと時

標高3000㍍の北アルプスに登っていたころの写真記録、国内外の旅行、反戦平和への思いなどを備忘録として載せています。

20年後には「紙」の新聞は廃れているかも

お題「20年後どうなってる?」

新聞社の体質がガラリと変わってしまった!

 ❝とある新聞社❞の「社報」を手に入れたので、斜め読みしているうちにある記事に目が留まりました。

 「『社是に共感』3割以下」という見出しのそれです。

 

 とある新聞の「社是(しゃぜ)」は「真実・公正・進歩的」というスローガンです。が、現役の全社員を対象にアンケート調査した結果、「共感」している現役は3割以下だったというお話です。

 

 「『真実』を追求するのがブンヤの仕事だろう!お前ら、なに考えてんだ!」と昭和のおじさんは嘆いてしまいました。どうも、この半世紀間で新聞社への入社動機が変わってしまったようですな。

 

 「社是」というのは会社の経営方針のこと。とある新聞社の社是は「真実・公正・進歩的」で、その意味するところは「読者が必要とする『真実』を、『公正』な視点で、かつ、一歩先を行くという『進歩的』な姿勢で報道する」というものなんですね。

 異論を唱えるほどのことでもないと思うんですが、社内アンケートをWeb上で実施した結果、1275人が回答。社是を認知し理解しているという人は「84.7%」でしたが、「共感している」という人はわずか「26.7%」でした。どういうことなんですなねえ。

 

入社試験の受験者減で出身大学・性別に変化

 この半世紀の間に、何が社員の意識を変えたんだろう。

 手元に採用実績のデータが一部あるので、ピント外れかもしれませんが眺めてみました。

 

 

■まず、半世紀前です・・・・・

 

★1974年4月入社【大卒21人(記者職12人、営業職9人)全員男性】

【国公立】名古屋大4、東京大1、一橋大1、大阪大1、愛知教育大1、愛知県立芸大1,大阪市大1

【私立】早稲田大4、慶應義塾大2、南山大2、日大1、獨協大1、中部工大1

 

★1975年4月入社【大卒13人(記者職8人、営業職5人)全員男性】

【国公立】名古屋大3、東京大1、岐阜大1、名古屋工大1、大阪外語大

【私立】早稲田大2、南山大2、慶應義塾大1、創価大1

 

★1977年4月入社【大卒16人(記者職9人、営業職7人)全員男性】

【国公立】京都大3、名古屋大2、大阪大1、東京外語大1、名古屋工大1

【私立】早稲田大4、慶應義塾大2、南山大1、日大1

 

 

■しかし、昨今の採用実績は・・・・・

 

★2022年4月入社【大卒36人(男性21人、女性15人)職種不明】

【国公立】名古屋大3、京都大1、一橋大1、東京外語大1、奈良女子大1、茨城大1、静岡大1、岐阜大1、名古屋市大1、名古屋工大1

【私立】法政大3、南山大3、慶應義塾大2、中京大2、明治大2、関西大2、立命館大2、早稲田大1、青山学院大1、上智大1、中央大1、創価大1、関西学院大1、近畿大1、名城大1

 

 

★2024年4月入社【大卒36人(男性21人、女性15人)職種不明】

【国公立】名古屋大3、金沢大2、北海道大1、愛知教育大1、福井大1、静岡県立大1

【私立】立命館大5、南山大4、中央大3、早稲田大2、中京大2、同志社大2、慶應義塾大1、立教大1、青山学院大1、国学院大1、法政大1、愛知淑徳大1、愛知学院大1、椙山女学園大1、日本福祉大1

 

 

 昨今は、早稲田大の採用が少なくて毎年1人か2人。受験する学生が少ないのでしょうか。

 名の知れていない私立大と女性が増えていますね。

 

 いまはだれでもスマホやパソコンで情報を発信できる時代。新聞記者が情報を独占できた時代は去ってしまいました。



 

20年後には「紙」の新聞は廃れているかも

 さて20年後の新聞社の姿ですが・・・・・

 「紙」の新聞の読者の過半数が満60歳以上の高齢者。ですから新聞各社は高齢者を念頭に置いて記事を書いています。が、それでは先が見えていて、やがて息切れしますね。

 

 「紙」から「ネット」に切り替えて若い層を呼び込むことができればいいんですが、むずかしい~~~~。