北穂高岳で味わう至福のひと時

コンパクトデジカメ写真を使って趣味の登山のこと、海外旅行のこと、わが歩みなどを地味に備忘録として書いております。

外国の街の記憶~フィヨルド地方(ノルウェー)

フィヨルド≫という「氷河」による芸術作品を現地で見てみたいね、というわけで、ノルウェーに足を踏み入れました。2019年5月です。自然の風景が美しかったです。

f:id:alps6717:20200615190459j:plain

ノルウェー・ハダンゲンフィヨルド地区のウルヴィックのホテル

 

 フィヨルドは、大昔に氷河が山肌を削ってU字型の谷をつくったところに、海水が流れ込んできてできた「入り江」です。

 ノルウェーでは西海岸にフィヨルドがたくさんあって、それをまとめて「フィヨルド地方」と言うようです。

 

 ノルウェーで人口が首都オスロに次いで2番目に多い都市「ベルゲン」は、フィヨルド観光の拠点の1つになっています。

 ベルゲン市内を1時間ほど散策してから、フィヨルド観光に出発しました。

 

ベルゲンのブリッゲン地区

 

f:id:alps6717:20200615193530j:plain

 2019年5月10日昼(現地時間)撮影

 上の写真が、ベルゲンのブリッゲン地区です。

 カラフルで奥行きのある木造倉庫が並んでいる地区です。

これはハンザ同盟という歴史上の出来事の面影をとどめる貴重な建物群で、世界遺産に登録されています。

 

 

f:id:alps6717:20200615194253j:plain

 

f:id:alps6717:20200615194317j:plain

 

f:id:alps6717:20200615194345j:plain

 

 ≪ハンザ同盟≫というのは、14世紀にバルト海沿岸のドイツの各都市の商人が、北欧での貿易活動で、自分たちの共同の利益や海上での安全を守るために結成した集団のことです。ノルウェーのベルゲンにも貿易事務所を置いていたのです。

 

 ハンザ同盟の都市からベルゲンに来る商人たちは、「干しダラ」というタラを塩漬けにして干した保存食を北部ノルウェーから買い付け、これを倉庫に一時的に保管。そして独占的に全ヨーロッパに売りさばいて利益を得ました。ノルウェーに対しては、穀物や小麦粉、ビール、ワインなどを持ち込んでいました。

 

 

f:id:alps6717:20200615195524j:plain

 

f:id:alps6717:20200615195613j:plain

 木造倉庫は、ノルウェー北部からの「干しダラ」や、ヨーロッパ各地から持ち込んだ「穀物」などを収納しており、滑車を使って地上の物資を2階や3階に上げ下げしていました。

 

 

 

ハダンゲンフィヨルド地区のウルヴィック

 

f:id:alps6717:20200615201911j:plain

 ベルゲンから東に162㌔先にあるウルヴィックという街にバスで向かいます。

 進行方向右手は、ハダンゲンフヨルド。民家が張り付いています。

 

 

f:id:alps6717:20200615202430j:plain

 

f:id:alps6717:20200615202642j:plain

バスで3時間走って到着したウルヴィックのブラカネス・ホテル

 

 

f:id:alps6717:20200615203045j:plain

 このホテルには満足しました。

 

 

f:id:alps6717:20200615203135j:plain

ホテルの前庭から見た光景。フィヨルドのすぐわきに、家が点在し、水面に影を落としています。

 

 

f:id:alps6717:20200615203350j:plain

 

f:id:alps6717:20200615203449j:plain

 ホテル5階の部屋から見たフィヨルド。素晴らしい・・・

 正面には雪をいただいた山並み・・・

 

 

f:id:alps6717:20200615203614j:plain

 ちょっと散歩に出ました。泊まっているブラカネス・ホテルの全景。

 

 

f:id:alps6717:20200615204039j:plain

 教会と墓地・・・

 

f:id:alps6717:20200615204121j:plain

 民家。ちょっと失礼して1枚パチリ。

 

 

f:id:alps6717:20200615204229j:plain

 フィヨルドの横・・・

 

f:id:alps6717:20200615204336j:plain

 ホテルの正面入り口・・・

 

 

 

フェリーでフィヨルド観光へ

 

 2019年5月11日朝(現地時間)、満ち足りた気分でウルヴィックのホテルを出発。バスでハダンゲンフィヨルド沿いをドライブし、ヴォスへ。ここからベルゲン鉄道フロム鉄道を乗り継いでフロムに到着。

 

f:id:alps6717:20200615205312j:plain

フロム駅。

 

 

f:id:alps6717:20200615205413j:plain

 フロム駅の隣がフェリー乗り場。

 2時間ネーロイフィヨルドクルーズ

ここから始まります。

 

 

f:id:alps6717:20200615205704j:plain

f:id:alps6717:20200615205750j:plain

f:id:alps6717:20200615205833j:plain

 フィヨルドは、ノルウェー語で「入り江」という意味だそうです。

 大昔、北欧は「氷河」に覆われていました。「氷河」は山で積もった雪が解けずに圧縮されて氷に変化したもので、少しずつ動きます。氷河は山のふもとに向かって動くとき、その重みで山肌や底を削るため、U字型の深い谷が出来ます。1万年前に氷河期が終わると、U字型の谷にあった雪が解けて海に流れ込んで海面が上昇。これによって

海水が谷の奥まで流れ込んで「フィヨルド」と言われる入り江になりました。

 フィヨルドは湖ではなく、海の一部です。

 

 

f:id:alps6717:20200615214421j:plain

 滝がフィヨルドに流れ込みます。

 高原に降った雪は、解けると1つの流れになって急斜面を流れ落ちてきます。

 

 

f:id:alps6717:20200615214652j:plain

 海面まで斜面が迫りますが、家があります。道も見えます。

 

 

f:id:alps6717:20200615214812j:plain

 垂直の壁、その下に民家・・・

 

 

f:id:alps6717:20200615214927j:plain

 我々と同じような観光船でしょうね。

 

 

f:id:alps6717:20200615215057j:plain

 もうじき終点のグドヴァンゲンです。

 

f:id:alps6717:20200615215213j:plain

 

f:id:alps6717:20200615215259j:plain

 グドヴァンゲンに到着。降ります。

 

f:id:alps6717:20200615215404j:plain

 乗ってきたフェリー。

 

f:id:alps6717:20200615215501j:plain

 2時間のクルーズを楽しんだネーロイフィヨルドは、ソグネフィヨルドの支流です。

 

 

グドヴァンゲンからラルダールの街へ

 

f:id:alps6717:20200615220157j:plain

 ラルダールという街です。写真は泊まった「リンドストロームホテル」です。

ここはソグネフィヨルドヨルドの最奥部にあたるところです。

 

 

f:id:alps6717:20200615220606j:plain

f:id:alps6717:20200615220709j:plain

f:id:alps6717:20200615220734j:plain

f:id:alps6717:20200615220807j:plain

 泊まったホテルは、図の真ん中。指しているあたりまで歩いてきました。