北穂高岳で味わう至福のひと時

コンパクトデジカメを使って趣味の登山のこと、過去の海外旅行のこと、いまの世相に思うことを備忘録として書いています。

ニュース深掘り~羽田空港に虹がかかった~7月に新撮影スポット誕生

 雨上がりの羽田空港の空に、がかかりました。 2020年7月26日午後4時でした。

 

f:id:alps6717:20200727123751j:plain

 東京は朝から雨模様で、昼すぎに少し日が差したかと思うと、すぐに黒い雲が襲いかかってきて土砂降りの雨。

 気まぐれの雨が止んだ時、ふと空を仰ぐと、東の方向の羽田空港ターミナルビルを覆うように、7色の虹がかかっていました。

 

f:id:alps6717:20200727124222j:plain

上の写真の左のビルの屋上が飛行機の撮影スポットです

 虹を撮影した場所は、羽田空港のターミナルビル群の西側の空港跡地に、2020年7月3日に開業したばかりの羽田イノベーションシティの3階屋上です。

 4月に開園したばかりの「ソラムナード羽田緑地」の西隣です。

 

 

f:id:alps6717:20200727124820j:plain

 「虹」は、太陽の光が雨粒の中を通過する時に、雨粒の中で「反射」が起きて人間の目には7色の虹になって見えるそうです。

 

 

f:id:alps6717:20200727125210j:plain

ウェザーニューズのHPから借用した図です

  虹が見える方向は、太陽を背にした向きです。虹は太陽の反対側に見えます。

  日本では太陽が傾いている朝は西に、夕方は東の空にできるようです。

 

 

f:id:alps6717:20200727125553j:plain

 ちょっと調べてみました。

 太陽の光が空気中の無数の水滴の中に「屈折」して入ると、その水滴の中で光が「分散」して7色に分解される。そして光は色ごとに水滴の中で「反射」して、再び水滴の表面で「屈折」して水滴を出ていく。これが人間の目に入って「虹」ということに・・・。

 

 

f:id:alps6717:20200727130123j:plain

f:id:alps6717:20200727135910j:plain

 にわか勉強ですが・・・

 

 は電磁波(でんじは)という波の一種で、波の山から山(谷から谷)までの長さを「波長」と呼ぶ。

 人間の目は、太陽の光から赤、橙(だいだい)、黄、緑、青、藍(あい)、紫の7色を感じることができるが、見える色は「波長」によって決まる

 

 「色が見える」ということは、その「波長」の色が何かに反射して人間の目に届くということ・・・。

 

 

 

f:id:alps6717:20200727135938j:plain

 虹をみた羽田イノベーションシティ(略称:HICity(エイチ・アイ・シティ)は、「B滑走路」という南からの風が強い時に離陸に使う滑走路の南端にあります。

 

 離陸のために向かってくる飛行機を撮影しようと、大きな望遠レンズを抱えた人が大勢いました。

 

 

 

f:id:alps6717:20200727140641j:plain

  飛行機撮影の新しいスポット誕生です。

 

 

f:id:alps6717:20200727140851j:plain

 「密」ですねえ。まあ、密閉ではないですが。

 

 

f:id:alps6717:20200727141202j:plain

 この施設は、大田区が持っている羽田空港の跡地を、鹿島建設を軸にした9社が出資する会社が借りて、研究開発施設や先端医療研究センター、会議場、イベントホールなどを整備しようと開発中の街づくりの建物の1つ。

 

 

f:id:alps6717:20200727141828j:plain

 

f:id:alps6717:20200727141930j:plain

 全面的な開業は2022年ですが、7月3日に一足早く施設の屋上に

「足湯スカイデッキ」と名付けられた絶景の空間が訪問者に無料で開放されました。

 

 

f:id:alps6717:20200727142242j:plain

 お湯の中に、脚をドボンと突っ込んで、大空高く轟音とともに飛び立つ飛行機の腹をボケッとながめているのも、乙なものです。

 

 

f:id:alps6717:20200727142618j:plain

 

f:id:alps6717:20200727142701j:plain

 

f:id:alps6717:20200727142738j:plain

 カッコいいですよねえ。パイロットになりたいですよ~。

 

 

f:id:alps6717:20200727142913j:plain

f:id:alps6717:20200727142935j:plain

f:id:alps6717:20200727143004j:plain

 はるかかなたの「C滑走路」や手前の「A滑走路」には、頻繁に着陸があります。

 

 

f:id:alps6717:20200727143556j:plain

 

f:id:alps6717:20200727143730j:plain

 

f:id:alps6717:20200727143759j:plain

 「B滑走路」からの離陸は、「C滑走路」と「A滑走路」での着陸を確実に確認してから、管制官がGOサインを出しています。

 

f:id:alps6717:20200727144225j:plain

 

f:id:alps6717:20200727144258j:plain

 

f:id:alps6717:20200727144332j:plain

 見てて、飽きることはありません。ファンにはたまりません。

 

 

f:id:alps6717:20200727144550j:plain

f:id:alps6717:20200727144614j:plain

 こんなふうに次々と飛び立つ飛行機を見ていると、高価な望遠レンズが欲しくなるのも分からなくはないですね。

 (私は、デジカメから撤収を決めたオリンパス製の「TG-835」という登山向きカメラしかないですが・・・)

 

 

f:id:alps6717:20200727145145j:plain

 こんな標識が敷地の端っこにありました。写真左端。「旧三町顕彰の碑」と書かれています。

 

 

f:id:alps6717:20200727145315j:plain

 

f:id:alps6717:20200727145721j:plain

 

f:id:alps6717:20200727145802j:plain

 1945年8月15日、アジア・太平洋戦争で日本は敗北。日本を占領した連合国軍総司令部(GHQ)は1ヵ月後の9月21日、現在の羽田空港の【滑走路の拡張】のために、空港南西部の海老取川の東側に住む全住民(羽田鈴木町・羽田穴守町・羽田江戸見町)の約1200世帯、約3000人に対し、「48時間以内に立ち退くように」という命令を発し、空港用地を接収しました。

 

 強制退去させられた住民の一部子孫は今も海老取川を渡った大田区羽田地区で暮らしています。

 

 虹の撮影スポットは、強制的に退去させられた人たちが暮らしていたところです。“旧住民の犠牲の上に現在の羽田空港があることを忘れないでね”という大田区職員の思いなんでしょうね。