北穂高岳で味わう至福のひと時

北アルプスの登山、散歩、旅行、反戦・平和への思いなどをデジカメでパシャッと撮った写真中心に記録しています。

丹沢・塔ノ岳の雪山スケッチ(2022年2月)

f:id:alps6717:20220212090717j:plain

 大勢の登山者。神奈川県の丹沢・塔ノ岳の山頂で、雪をいただいた富士山を眺めながら食事。(2022年2月11日昼、撮影)

 

 

 

 にはあまり縁のない東京や神奈川に、久しぶりに雪が降りました。2月10日のことです。

 「よし!あしたは雪化粧した大倉尾根を歩いて塔ノ岳に登ろう。コロナ禍のさなかだから、わざわざ寒い雪山に行くなんて変わり者はそんなにおらんだろう。」

 そう思って2月11日の祝日、気合を入れて午前4時に起き、電車を乗り継いで山に向かった次第。

 

 ところが・・・。

 登山口行きのバスが出る小田急渋沢駅前のバス乗り場は、7時だというのに長蛇の列。コロナ太りしたみなさん、考えることは同じらしい。

 

 

f:id:alps6717:20220212091550j:plain

 塔ノ岳に登る大倉尾根の登山口のバス停。人がうごめいている。

 

 

f:id:alps6717:20220212091715j:plain

 雪が出てきたのは、山小屋「観音茶屋」(標高350㍍)あたりから。

 

 

f:id:alps6717:20220212091834j:plain

 見晴茶屋(標高610㍍)。

 

 

f:id:alps6717:20220212091928j:plain

 見晴茶屋の前のクイの上に、小ぶりの雪だるま

 

 

f:id:alps6717:20220212092020j:plain

 この日の登山者は、20代から30代の女性の単独行が目立ちました。大倉尾根ルートは登山者が多いから、女性一人でも安心です。普段通り、男性の単独の人や男女2人連れは多いです。200人以上がこの日は登ったと思いますが、高齢の女性は見ませんでした。

 

 

f:id:alps6717:20220212092403j:plain

 堀山の家(標高950㍍)。ここでチェーンスパイクや軽アイゼンをつける人を多くみました。

 

 

f:id:alps6717:20220212092637j:plain

 青空が木立のすき間から見えました。ずーっと灰色の水蒸気の中を歩いてきましたから、さわやかなブルーをみて思わずにんまりした次第。

 

 

f:id:alps6717:20220212092813j:plain

 こんな斜面を登っていきます。

 

 

f:id:alps6717:20220212092859j:plain

 富士山のビューポイントの1つ、花立(はなたて)という長い階段の登り口からみた景色。

 

 

f:id:alps6717:20220212093322j:plain

f:id:alps6717:20220212093334j:plain

 なが~い階段を上りきると、そこに建つのが立山荘(標高1300㍍)。

 

 

f:id:alps6717:20220212093515j:plain

 花立(標高1370㍍)。強風が吹き抜けるところです。

 

 

 

f:id:alps6717:20220212093806j:plain

 花立からみた富士山。

 

 

f:id:alps6717:20220212093840j:plain

f:id:alps6717:20220212093856j:plain

 花立で見た、雪の上にできた風紋

 

 

f:id:alps6717:20220212094007j:plain

 

f:id:alps6717:20220212094030j:plain

 山頂まで、あとちょっと。

 

 

 

f:id:alps6717:20220212094117j:plain

 塔ノ岳山頂(標高1491㍍。気温2度。無風。

 

 

f:id:alps6717:20220212094220j:plain

 

f:id:alps6717:20220212094239j:plain

 

f:id:alps6717:20220212094317j:plain

 

f:id:alps6717:20220212094332j:plain

 塔ノ岳から見た蛭ケ岳(左端)

 

 

f:id:alps6717:20220212094420j:plain

 眼下には雲海が広がっていました。上空に寒気が入っているため、あちこちで上昇気流が起きていました。

 

 

 

f:id:alps6717:20220212094536j:plain

 塔ノ岳山頂の積雪は、だいたい20㌢から30㌢ほどでしたが、吹きだまりでは上の写真のように膝上までズボッと沈みました。

 

 

f:id:alps6717:20220212094814j:plain

f:id:alps6717:20220212094829j:plain

 山頂の山小屋「尊仏山荘」から、スマホを見ながら外に出てきた歩荷(ぼっか)のおじさん。

 大倉尾根で名の知られた「丹沢のチャンプ」こと畠山良巳さんです。68歳のはずです。

 目と目が合って「チワーッ。きょうで何回目?」と声を掛けますと、「7170回丹沢山に行ってきました」という返事。丹沢山はもっと奥にある山で、そこの山小屋に飲食物を背負って届けてきた帰りでした。

 雪が降っても降らなくても一年中、短パンに長靴というスタイル。元気ですわ。