北穂高岳で味わう至福のひと時

北アルプスの登山、散歩、旅行、反戦・平和への思いなどをデジカメでパシャッと撮った写真中心に記録しています。

富士山登山~これが厳冬期のしびれる富士だ! 11月に撮った荘厳な写真(2009年)

 エビの尻尾!

 

 

 古い写真を整理していたら、日常生活ではなかなかお目にかかることのない、きれいな風景写真が何枚か出てきましたので、アップしました。

 

 2009年11月3日に富士山に登った時に撮った写真です。(風が強すぎるため、9合目の先まで行って下山しました)。

 

 

 

 お月さんがあまりにきれいだったので、車を止めてパチリ。雲が少しかかっていました(11月3日午前6時撮影)

 

 

 富士山スカイラインの4合目を車で通過

 

 

 富士宮市静岡県)の登山口(午前7時25分撮影)

 

 

 樹木にビッシリと付着した氷の粒(午前7時50分撮影)

 

 

 「新7合目御来光山荘」がみえてきた。岩には凍った雪がビッシリ

                       (午前8時15分撮影)

 

 

 凍てついた登山道(午前8時30分撮影)

 

 

 ことらは「元祖7合目山口山荘」の直下(午前8時55分撮影)

 

 

 「元祖7合目山口山荘」前で風をよけて休憩する登山者2人(午前9時撮影)

 

 

 「元祖7合目山口山荘」の小屋越しに見た山頂方向(午前9時5分撮影)

 

 

 登山道わきのロープや鉄の支柱にできた「エビの尻尾」(午前9時30分撮影)

 エビの尻尾は、水滴が支柱や木に次々と付着し、エビの尻尾のように長く伸びる自然現象です。気温が氷点下で、強風が同じ方向から吹き付けることによってできます。エビの尻尾は、風上に向かって成長します。

 

 

 

 「8合目池田館」が見えてきた(午前9時40分)

 

 

 「8合目池田館」。快晴のもと、雪は凍り、空気はギンギンに冷えてます(午前10時撮影)

 

 

 「8合目池田館」から見下ろした光景。あまりに厳かです。タフな登山者の姿がポツンポツンとありました(午前10時撮影)

 

 このあと、1時間ほど先の「9合5勺胸突山荘」近くまで登りましたが、おのれの身の安全のため写真を撮る余裕もなく退散しました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

www.shifukunohitotoki.net

 

www.shifukunohitotoki.net

 

www.shifukunohitotoki.net