北穂高岳で味わう至福のひと時

観光旅行ではふつう行かない外国の風景、戦争遺跡、不思議な人体など見たり学んだことも備忘録として載せています。

散歩~梅の花が見ごろです

 梅の花が見ごろになりました。東京都内の話ですが・・・。

 道路わきの梅の木には、ピンクや白色の花が咲いていて、新型コロナウイルス感染拡大のニュースで気がめいっている時だけに、いく分気分を和ませてくれます。

 

 小雨が明け方から降った2020年2月16日(日曜日)、

                                                    「大田区立池上梅園」に出かけました。

 

f:id:alps6717:20201107111952j:plain

「故郷の錦」という品種。

 

 丘陵地の斜面を利用した100メートル四方の比較的狭い庭園ですが、紅梅220本と白梅150本の計370本が植えられています。

 

 訪れた日は、ざっと見て7分咲きで、雨のせいで花びらが散った木もありました。

 

 梅園に行って、春の香りを楽しみませんか?

 

 

f:id:alps6717:20201031150226j:plain

 

 

f:id:alps6717:20201107112316j:plain

f:id:alps6717:20201107112357j:plain

f:id:alps6717:20201107112418j:plain

梅といえばメジロ。花の蜜を吸いまくっていました。

 

 

f:id:alps6717:20201031151019j:plain

 八重揚羽(やえあげは)という品種。この梅は花蜜が非常に甘いようでメジロが集まるらしい。

 

 

f:id:alps6717:20201031151440j:plain

 見驚(けんきょう)という品種。

 

 

 

f:id:alps6717:20201031151746j:plain

 「鴛鴦」。「えんおう」とも、「おしどり」と読みます。

 一枝に実が2つずつ付くことから、仲むつまじいオシドリにたとえられたそうです。

 

 

 

 

f:id:alps6717:20201031153141j:plain

 玉垣枝垂れ(たまがきしだれ)

 

f:id:alps6717:20201031153751j:plain

 雨で散った花びら。

 

 

 

f:id:alps6717:20201031154200j:plain

 「思いのまま」という品種。

 1本の木に、紅白の花を咲き分ける。毎年、咲き分けの比率や場所が変わるため、こんな名前が付けられたようです。

 

 

 

f:id:alps6717:20201031154416j:plain

  「黒雲(くろくも)」という品種。

 

 

f:id:alps6717:20201031154619j:plain

 竜眠枝垂れ(りゅうみんしだれ)という品種。

 

 

f:id:alps6717:20201031155847j:plain

真鶴(まなづる)という品種。

 

 

f:id:alps6717:20201031161041j:plain

 「故郷の錦」という品種。

 

 

f:id:alps6717:20201031161405j:plain

 

f:id:alps6717:20201031161645j:plain

 

f:id:alps6717:20201031161750j:plain

 

f:id:alps6717:20201031161906j:plain