北穂高岳で味わう至福のひと時

観光旅行ではふつう行かない外国の風景、戦争遺跡、登山がらみの体調変化の原因など備忘録として載せています。

日本アルプスの冬山登山~南アルプス・光岳(てかりだけ)

 もう20年も前のことです.。

 2002年の新年を南アルプスの山中で迎えようと、2001年暮れに光岳を目指しました南アルプスの山々のいちばん南にある日本百名山の1つです。てかりだけと読みます。

 

 凍てついた冬山を安全に登る技術を学ぼうと、社会人山岳会に入って間もない時期で、本格的な冬山はこれが初めてでした。

 

 パーティーは男性3人、女性1人の計4人で、リーダー以外は冬山初心者でした。

 

f:id:alps6717:20210117151113j:plain

f:id:alps6717:20210117151207j:plain

 

 深田久弥の「日本百名山では、光岳は日本列島でハイマツが生える最南端の山、と紹介されています。

 

 

 私たちの登山口は、長野県飯田市易老渡(いろうど)易老岳(いろうだけ)を経て光岳に登るルートでした。

 

 

 目次

 

 

 

行程

▼2001年12月28日

夕方、都内を出発。中央道八王子インター~飯田インター~三遠南信自動車道~矢筈トンネル~国道152号線~北又渡発電所易老渡駐車場(標高880㍍)

 

▼12月29日

易老渡(8:20)~面平(11:36)~標高1990㍍地点(15:00)泊

 

▼12月30日

標高1990㍍地点(7:30)~「標高2254㍍の小ピーク」(9:15)

易老岳(標高2354㍍)(10:25)~三吉平(12:50)~少し前進してから退却~三吉平(標高2200㍍)

 

▼12月31日

三吉平~光岳小屋前(10:40)~光岳(標高2591㍍)山頂(11:22→12:00)~三吉平


▼2002年1月1日

三吉平(6:15)~易老岳(8:00)~易老渡駐車場(11:05)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

【2001年12月28日(金)】

 深夜、私たち4人の乗った乗用車は、雪こそないものの、小さな落石がゴロゴロ転がる山道を、登山口の易老渡に向けて走っていた。もうじき到着という地点で、

道に横たわっているシカの姿がヘッドライトに浮かび上がった。「あれまあ・・・」。道の左側は壁。シカのツノでパンクするのは嫌だから、ハンドルを右に切ってすり抜けたつもりだったが、なんと左後輪がパンク。凍てつく寒さの中、男3人でタイヤを交換。100㍍ほど進んだ駐車場で、車の横にテントを張って寝た。他に車はなかった。

 

 

【12月29日(土)】

 朝8時20分、出発しようとしたところ、「6人パーティー」(A)が車2台で到着した。その時、驚いたのは、キツネが1匹、車についてきているではないか。

 東京から来たというそのパーティーの1人は、このキツネがシカを食べていたという。

 天気は快晴のようだ。が、最初からの急登でメンバーの1人の足が重い。非常に遅いペースで進む。昼前に「6人パーティー」(A)に追いつかれ、昼すぎには

「若者3人パーティー」(B)にも抜かれた。

 足元の雪質はパウダーで、蹴りこみも効かず、歩きにくい。

 午後3時、1990㍍地点でテントを張ることにした。

 予定では、易老岳(標高2354㍍)か、その直下の平らなところを考えていたが、無理だった。テントを張り終えてしばらくすると、

「男1人、女2人の3人パーティー」(C)が登ってきた。「コンチワ」と声をかけたが、先頭の女性は無愛想だった。

 

 

【12月30日(日)】

 未明からすさまじい風。吹雪いていて、朝テントから顔を外に出すと、20~30㌢ほど新雪が積もっていた。樹林帯の木々がザーザーと音を立てて揺れていた。

 朝7時30分に出発したがペースは遅く、3時間近くかかって易老岳に到着。光岳方面に進むと、膝上まで雪に沈む状態になり、「輪かんを持ってくるべきだった」と事前の調査不足を反省することに。

 雪が横殴りに吹き付けるために、昼ごろ立ったまま休憩。ザックに付けている温度計を見ると、マイナス9度。

 午後0時15分、前方の光岳方面から「若者3人パーティー」(B)が戻ってきた。どうしたのかと思って声をかけると、「ルートが分からない。僕らのメーン(の山)はここじゃない。体力を消耗したくないから」という返事。どうやら光岳ではなく聖岳(ひじりだけ・標高3013㍍)が本命らしい。

 その30分後、今度は「6人パーティー」(A)が戻ってきた。「稜線は風が強いし、視界は50メートルしかない」といい、光岳をあきらめて易老岳の先の茶臼岳、上河内岳方面に転進した。

 

 私たちは午後0時50分、「三吉平」の標識を通過。相変わらず横殴りの細かい雪がヤッケをたたいていた。少し光岳の方に進むが、午後1時16分、前進をあきらめ、三吉平まで戻ってテントを張ることにした。

 雪山が怖いのは、≪道が消える≫ということだ、とつくづく思った。つい20分ほど前に通ったルートが、戻ろうとしたら、もう消えているのだ。雪はパサパサで股間までズボッと入ってしまう。次の足を出しにくい。テントの中では風の音が不気味だ。これが冬山だな、と思う。

 

 

 

【12月31日(月)】

 快晴。前夜の吹雪がうそのよう。光岳に向けて上る途中、下山ルートを間違えないようにと、万全を期して木の枝に目印用にヒモを縛り付けながら進んだ。

 しかし、歩くペースが遅いために、単独行の男性2人と

「中年の6人パーティー」(D)に抜かれた。「中年の6人パーティー」が赤テープを木の枝に結び付けながら進んでいってくれる。私たちはその後に続くが、一歩一歩が股間にまで沈んでしまい、ひどい疲れ。疲れた仲間はアイゼンをズボンのすそに引っ掛けて転んだりして、息遣いが粗い。

 光岳小屋近くは風の通り道になっているのか、アイスバーン状態のところがあるかと思えば、ズボッと足をとられるところもあって歩きにくい。

 小屋近くにザックを置いて、光岳のピークへ。

 

f:id:alps6717:20210117174229p:plain

f:id:alps6717:20210117174251p:plain

 光岳の山頂です。標高2591㍍。

 

 

f:id:alps6717:20210117174835p:plain

 ザックを拾って、来た道を戻る。午後2時、前日と同様の三吉平にテントを張った。

 

 

f:id:alps6717:20210117174733j:plain

 

 

 

【2002年1月1日(火)】

 午前4時起床。いつものようにテントの中で、シュラフカバー、シュラフの順で袋に詰め、マットを半分に折ってその上に座る。そしてすぐ、ガスカートリッジと板とストーブを出す。すかさず仲間がライターで火をつける。雪を鍋に入れてお湯を作り、仲間のテルモスに次々と入れていく。アルファ米に湯を入れてふたをし、続いて汁も作る。

 

 食事後、キジ撃ちをし、テントを撤収。午前6時に下山にかかった。気温はマイナス9度。月明かりがロマンチックな雰囲気を醸し出している。丸い月が雲の中で、ややぼやけて見えた。

 ヘッドライトをつけて歩いていると、雪面がキラキラ輝く。木々の枝にも雪が凍りついていて、キラキラと輝く。

 

 

f:id:alps6717:20210117181149p:plain

 午前7時15分。遠くの雲がオレンジ色に染まり、周囲が一気に明るくなった。感動した。これが冬山だ、雪山だ、と。

 

 

 午前8時、易老岳に到着、ここからは早いペースで山を下り、午前11時すぎに易老渡の駐車場に着いた。

 

 車の中で、シカの遺体があればツノを切って持ち帰ろうか、なんて不純な話をしながら帰路を急いだが、シカはなかった。

 あのシカは、ハンターに撃たれたのか斜面から滑り落ちてきたのか、それとも車にはねられたのか、分からないままだ。