北穂高岳で味わう至福のひと時

コンパクトデジカメを使って趣味の登山のこと、過去の海外旅行のこと、いまの世相に思うことを備忘録として書いています。

富士山登山~その3:新雪期の山頂に立った

 富士山の「初冠雪」は、山頂付近が甲府地方気象台から見て、夏以降、初めて雪で白くなった状態をいいます。9月30日が過去30年間の平均値です。

 「初冠雪」から少し後の「11月」に山頂を目指したことが3回あります。その時の記録写真を以下に一部、載せました。

 

f:id:alps6717:20200509160200j:plain

山頂の剣ヶ峰から見下ろした噴火口です

 

2009年11月3日(祝日)

 

11月に入ってからの登山は、ピッケルとアイゼン(12本爪)を途中から使います。積雪の状態によって毎年違いますが、富士宮ルートでは7合目か8合目あたりからです。

 

f:id:alps6717:20200509161234j:plain

南斜面から登る富士宮ルートの出発点、富士宮口五合目 (午前7時30分撮影)

 山に入る1週間ぐらい前から天気図を見ます。深い知識はありませんが、高層天気図で上空の気温や気圧の谷の位置、地上天気図で気圧配置や低気圧の位置、等圧線の間隔などを一応チェックします。

 できれば風が弱く、上昇気流が起きにくい時がいいんですが、なかなか・・・。

 

 

f:id:alps6717:20200509161923j:plain

 

「元祖七合目山口山荘」(標高3010㍍)の前でザックを降ろし、

休憩する登山者2人      午前9時撮影

 

 

 

f:id:alps6717:20200509162310j:plain

 

「エビの尻尾」です。

 登山道のロープや鉄の細い支柱に、一方向からの強風で吹き付けられた霧が付着してできる氷のことです。風上に向かって、エビの尻尾のように伸びるので、山の世界でそう呼ばれます。

 強風が氷点下で長時間吹き続けていることを物語っています。

 

 

 

f:id:alps6717:20200509170018j:plain

 

岩が凍てついています。カチカチ・・・。

 

 

f:id:alps6717:20200509170200j:plain

八合目の「池田館」(3250㍍)の前

f:id:alps6717:20200509170418j:plain

 

 八合目池田館のテラスから見下ろした寒々とした景色です。登山者が1人、2人と登ってきます。

 

 

 結局、この先の「九合五勺胸突(むなつき)山荘」(標高3590㍍)まで登り、山頂をあきらめて下山することにしました。

 

 天候に恵まれていれば、あと30分ほどで山頂の「浅間大社奥宮」に立てるのですが、風が強烈です。周りに障害物は何もありませんから、富士山は。突風でぶっ倒れたら滑落してアウトです。無理はしません。

 

 

 

 

2010年11月3日(祝日)

 

 あれから1年後の写真もありました。

この時は快晴。風もほとんどありませんでした。ただ、空気が冷たかった。

 

 

f:id:alps6717:20200509171331j:plain

 

富士宮ルートの頂上直下の1枚です。下りてくる登山者です。

午前11時15分撮影

 

 

f:id:alps6717:20200509171537j:plain

頂上の浅間大社奥宮

 

f:id:alps6717:20200509171819j:plain

 

噴火口に沿って、向こうの剣ヶ峰に向かいます

 

 

f:id:alps6717:20200509171944j:plain

 

剣ヶ峰に立つ石碑です。

「日本最高峰富士山剣ヶ峰三七七六米」と刻まれています。

 

 

f:id:alps6717:20200509172736j:plain

 

石碑の横から噴火口の底をのぞいていました。こんな感じです。 

                      午後0時30分撮影

 

 

f:id:alps6717:20200510225738j:plain

最高峰の剣ヶ峰から見えた「山中湖」 (写真中央)

 

f:id:alps6717:20200510225914j:plain

雲海の向こうが「駿河湾

 

 

疑問;

富士山に「夏山期間以外」にのぼっていいの?

 登山シーズンは、夏の間と決まっているのに、雪が降る時期に登っていいのかしら、なんて、不審に思う人もいると思います。

 

答えは、“万全の準備をした登山者”には、行政当局はOKサインを出しているのです。

 

 行政当局の思いとしては、富士山の登山者には登山初心者が少なくなく毎年遭難事故が発生しているために、「夏山期間以外」は「万全な準備をしない登山者」は登山しないようにと、お願いしているわけですね。

万全かどうかは、個人が1人ひとり、自分の責任で判断することでしょうね)

 

 

お役所が講じている遭難対策を2点、敬意を表して以下に書いておきます。

第1;登山道の通行規制

「登山シーズン」や「夏山期間」というのは行政当局(静岡県山梨県など)が決めた登山道が開通している期間のことを指します。

例年、7月上旬から9月上旬までです。

登山道を管理しているのは、富士山の場合、場所によって静岡県山梨県です。

 

静岡県は「夏山期間」が過ぎれば、静岡側の登山道を「通行禁止」にしています。

根拠は、道路法第46条です。

 道路管理者は「道路の破損、欠壊その他の事由に因り交通が危険であると認められる場合、区間を決めて、道路の通行を禁止し、又は制限することができる」――と書かれておりまして、

静岡県(富士土木事務所)の場合、「落石及び凍結」を理由に、期間外の登山道の通行を禁止していると考えられます。

 

 

第2;遭難防止と安全確保のためのガイドライン」の策定

静岡県山梨県

富士登山における安全確保のためのガイドライン」(主に夏山期間以外における注意事項)

を2013年に作りました。以下に、リンクを張っておきます。

 

 

www.fujisan-climb.jp

 

この中で、「夏山期間以外の富士登山」について

「十分な技術・経験・知識としっかりとした装備・計画を持った者の登山は妨げるものではない」

としているのです。

 

そのうえで、

十分な技術や経験、知識としっかりした装備や計画を持たない人は登山しないように、と強く求めています。

 

 

 

【捕捉】

 11月の富士山は、登山者も少なくピーンと張りつめた冷たい空気がとても心地よいです。身が引き締まります。

 でも、「風」がとても怖いです。まわりにさえぎるものがないため猛烈な風が吹き、ピッケルを雪面に打ち込んで「耐風姿勢」をとり、風をやり過ごすこともよくあります。

 降った雪が強風で吹き飛ばされるために、斜面はアイスバーンになったところもあります。アイゼンの爪が刺さりにくいところもあります。

 

 突風で転倒すれば、滑落して頭を打ち、命を落とすことになります。実は、11月の富士山は危険水域です。

 ほかの雪山で、12本爪のアイゼンを装着して、転ばないように歩く訓練をたっぷりしてから、11月の富士山に挑んだ方がよいと思います。それも天候が穏やかな日に。

 12月以降の厳冬期が非常に危険なことは言うまでもないです。