北穂高岳で味わう至福のひと時

北アルプスの登山、散歩、旅行、反戦・平和への思いなどをデジカメでパシャッと撮った写真中心に記録しています。

北アルプスの涸沢は5月でも雪深く吹雪にもなるよ(2018年)

f:id:alps6717:20201220174611j:plain

        (北アルプス・涸沢のテント場で撮影)

 

 コロナ禍に見舞われたこの1年。ホタカに1度も行けませんでした。この状態が続けば体力も気力も落ち、山から遠ざかっていきそう。そうならないようにと、古い山行記録を引っ張り出しました。

 2018年のゴールデンウィーク北アルプス・涸沢(からさわ)です。

 

 

目次

 

 

 

5月3日(上高地~徳沢~横尾~涸沢テント場)

 

f:id:alps6717:20201220175032j:plain

 午前6時すぎ、上高地バスターミナル(標高1500㍍)から歩き始めた時は、雨。バスターミナルの広場で水を2リットル調達して、ザックの重さは22キロに。

 テント泊で雪山装備のためスコップ付きですが、それにしても重すぎる。軽量化したいんですが、ザック自体が重く、なおかつ慎重な性格なので、軽くならない・・・・。

 

 

 

f:id:alps6717:20201220175417j:plain

f:id:alps6717:20201220175440j:plain

 午前11時。本谷橋。雪解けが進んでいました。

 涸沢までアイゼン(12本爪)を当然着けますが、ピッケルは不使用。

 

 

f:id:alps6717:20201220175730j:plain

 ストックはあると登りが楽です。

 

 

f:id:alps6717:20201220175847j:plain

 みんな黙々と歩きます。

 



f:id:alps6717:20201220175929j:plain

 ここは涸沢のテント場。標高2300㍍ぐらいです。午後4時でこれだけの数。多いとは言えませんね。

 

 

 

 

5月4日(悪天候のため北穂高岳を目指さずに、涸沢で沈殿)

 

f:id:alps6717:20201220180413j:plain

 朝、テントの外は、足元も空も真っ白。(午前6時40分撮影)

 

 

f:id:alps6717:20201220180505j:plain

 ゆうべは夜中に寒くて目が覚め、お湯を沸かしてプラティパスに入れて「湯たんぽ」に。突風で何度もテントが揺れ、「ザーザー」とテントに吹き付ける雪の音がしました。

 この天候では北穂高岳(標高3106㍍)を目指すのは危険だ、なんていう臆病風が吹いて早々と「停滞」を決めました。

 

 

f:id:alps6717:20201220181019j:plain

 あったかいコーンスープをすすりながら、テントの中から外の景色をボーッと眺めているのもいいものです。それにしてもコーンスープはおいしい。

 朝、上高地を出発した人たちが、正午過ぎから午後2時ごろにかけて続々と涸沢に到着します。テント泊ではなく、小屋泊まりが圧倒的に多いですが。

 

 

f:id:alps6717:20201220181532j:plain

 山小屋「涸沢ヒュッテ」の外売店のツララ・・・

 

 

f:id:alps6717:20201220181643j:plain

 きょうは奥穂高岳(標高3190㍍)も北穂高岳(標高3106㍍)も、降雪で見えません。

 

 

f:id:alps6717:20201220181803j:plain

 午後2時のテント場。100張り弱か?

 ところで「プラティパス」という商品名の水筒がありますが、口の部分き亀裂が入り、破れました。プラスチックだから寒さに弱いんでしょうね。湯たんぽ代わりにシュラフの中に入れている時に破裂したら、泣くに泣けません。

 

 

f:id:alps6717:20201220181938j:plain

 午後3時40分ごろから風が強くなって、吹雪に。テントを張るのもたいへん。外の気温はマイナス3度。テント内はマイナス1度。

 

 

f:id:alps6717:20201220182113j:plain

 

f:id:alps6717:20201220182151j:plain

 

f:id:alps6717:20201220182427j:plain

 一瞬、風は止みますが・・・・・

 

 

f:id:alps6717:20201220182517j:plain

 すぐにまた、風雪に。

 

 見通しが悪い中を、山の上からテント場に下りてきた人に声をかけると、次のように話してくれました。

 「奥穂までこのテント場から往復してきたけど、下る時はホワイトアウト。(標高3000㍍の)白出(しらだし)のコルに建つ穂高岳山荘の前から下る時に、ヒヤリとしましたよ。足元が真っ白でどこから降りていいのか分からなくて。何も見えないから。一歩間違えば、あそこは絶壁ですからねえ」。

 

 

 

f:id:alps6717:20201220182558j:plain

 午後4時15分。こんな時刻に、まだ登ってくる人がいる。小屋泊まりなんでしょうけど・・・。

 

 

 

5月5日(悪天候のため下山を決意)

 

f:id:alps6717:20201220183634j:plain

 きょうは晴れてくれないかなあ、と期待して午前4時、テントから空を見上げましたが、相変わらずの降雪。山の上の方も視界が悪い。下山を決めました。

 

 

f:id:alps6717:20201220183910j:plain

 午前6時30分撮影。早々と下山にかかる人も。

 

 

f:id:alps6717:20201220184425j:plain

 その一方で、さっそうと山頂に向かうパーティーも。午前7時45分撮影。いいですねえ。うらやましい。

 

 

f:id:alps6717:20201220184624j:plain

 上の写真は、穂高岳山荘(奥穂高岳方面)から降りてきた5人パーティーと、これから奥穂に登る3人パーティーのすれ違い。(午前8時撮影)

 

 

f:id:alps6717:20201220184948j:plain

f:id:alps6717:20201220185013j:plain

f:id:alps6717:20201220185034j:plain

 明神近くでは、お猿さんが歓迎してくれました。(5日正午撮影)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

www.shifukunohitotoki.net

 

 

www.shifukunohitotoki.net

 

www.shifukunohitotoki.net