北穂高岳で味わう至福のひと時

山登りの記録、観光ではふつう旅行しない外国の風景、戦争の遺跡、登山での体調不良の原因など備忘録として書いています。

穂高~残雪期の写真記録(2018年)

f:id:alps6717:20201220174611j:plain

        (北アルプス・涸沢のテント場で撮影)

 

コロナ禍に見舞われたこの1年。ホタカに1度も行けませんでした。この状態が続けば体力も気力も落ち、山から遠ざかっていきそう。そうならないようにと、古い山行記録を引っ張り出しました。

2018年のゴールデンウィーク北アルプス・涸沢(からさわ)です。

 

 

目次

 

 

 

5月3日(上高地~徳沢~横尾~涸沢テント場)

f:id:alps6717:20201220175032j:plain

午前6時すぎ、上高地バスターミナル(標高1500㍍)から歩き始めた時は、雨でした。バスターミナルの広場で水を2リットル調達して、ザックの重さは22キロに。

 

 

f:id:alps6717:20201220175417j:plain

f:id:alps6717:20201220175440j:plain

午前11時。本谷橋。雪解けが進んでいました。

涸沢までアイゼン(12本爪)を当然着けますが、ピッケルは不使用。

 

 

f:id:alps6717:20201220175730j:plain

ストックはあると登りが楽です。

 

 

f:id:alps6717:20201220175847j:plain

黙々と歩きます。

 

 

f:id:alps6717:20201220175929j:plain

涸沢のテント場(標高2300㍍)。午後4時でこれだけの数。少ないですね。

 

 

 

5月4日(悪天候のため北穂高岳を目指さずに、涸沢で沈殿)

 

f:id:alps6717:20201220180413j:plain

朝、テントの外は、足元も空も真っ白。(午前6時40分撮影)

 

 

f:id:alps6717:20201220180505j:plain

夜中に寒くて目が覚め、お湯を沸かしてプラティパスに入れて「湯たんぽ」にしました。突風で何度もテントが揺れ、「ザーザー」とテントに吹き付ける雪の音がしました。

この天候では、北穂高岳(標高3106㍍)を目指すのは危険だ、という臆病風が吹いて早々と「停滞」を決めました。

 

 

f:id:alps6717:20201220181019j:plain

あったかいコーンスープをすすりながら、テントの中から外の景色をボーッと眺めているのもいいものです。

朝、上高地を出発した人たちの多くが、正午過ぎから午後2時ごろにかけて涸沢に到着します。テント泊ではなく、小屋泊まりが圧倒的に多いですが。

 

 

f:id:alps6717:20201220181532j:plain

山小屋「涸沢ヒュッテ」の外売店のツララ・・・

 

 

f:id:alps6717:20201220181643j:plain

きょうは奥穂高岳(標高3190㍍)も北穂高岳(標高3106㍍)も降雪で見えません。

 

 

f:id:alps6717:20201220181803j:plain

午後2時のテント場。100張り弱か?

 

 

f:id:alps6717:20201220181938j:plain

午後3時40分ごろから風が強くなって、吹雪に。テントを張るのもたいへん。

 

 

f:id:alps6717:20201220182113j:plain

 

f:id:alps6717:20201220182151j:plain

 

f:id:alps6717:20201220182427j:plain

一瞬、風は止みますが・・・・・

 

 

f:id:alps6717:20201220182517j:plain

すぐにまた、風雪に。

 

見通しが悪い中を、山の上からテント場に下りてきた人に声をかけると、次のように話してくれました。

 「奥穂までこのテント場から往復してきたけど、下る時はホワイトアウト。(標高3000㍍の)白出(しらだし)のコルに建つ穂高岳山荘の前から下る時に、ヒヤリとしましたよ。足元が真っ白でどこから降りていいのか分からなくて。何も見えないから。一歩間違えば、あそこは絶壁ですからねえ」。

 

 

f:id:alps6717:20201220182558j:plain

午後4時15分。こんな時刻に、まだ登ってくる人がいる。小屋泊まりなんでしょうけど・・・。

 

 

 

5月5日(悪天候のため下山を決意)

 

f:id:alps6717:20201220183634j:plain

きょうは晴れてくれないかなあ、と期待して午前4時、テントから空を見上げましたが、相変わらずの降雪。山の上の方も視界が悪い。下山を決めました。

 

 

f:id:alps6717:20201220183910j:plain

午前6時30分撮影。早々と下山にかかる人も。

 

 

f:id:alps6717:20201220184425j:plain

その一方で、さっそうと山頂に向かうパーティーも。午前7時45分撮影。いいですねえ。うらやましい。

 

 

f:id:alps6717:20201220184624j:plain

穂高岳山荘(奥穂高岳方面)から降りてきた5人パーティーと、これから奥穂に登る3人パーティーのすれ違い。(午前8時撮影)

 

 

f:id:alps6717:20201220184948j:plain

f:id:alps6717:20201220185013j:plain

f:id:alps6717:20201220185034j:plain

横尾では、鯉のぼりとお猿さんが歓迎してくれました。