北穂高岳で味わう至福のひと時

北アルプスの登山、散歩、旅行、反戦・平和への思いなどをデジカメでパシャッと撮った写真中心に記録しています。

9月に奥穂高岳から「吊尾根」を紀美子平まで往復した(2011年)

 

 上高地梓川にかかる河童橋に立つと、目の前にそびえる美しい山並みが穂高連峰です。

 その稜線のうち、奥穂高岳前穂高岳・紀美子平の間は「吊尾根(つりおね)」と呼ばれています。

 

 2011年秋、涸沢(からさわ)をベースに「吊尾根」を歩きました。写真での記録です。

 

 

【日程】

9月24日 上高地バスターミナル~横尾~涸沢テント場(泊)

9月25日 涸沢テント場~奥穂高岳~紀美子平~奥穂高岳~涸沢テント場(泊)

9月26日 涸沢テント場~パノラマ新道(屏風の耳には立ち寄らず)~上高地

 

 

目次

 

 

 

9月25日 涸沢テント場~奥穂高岳~紀美子平~奥穂高岳~涸沢テント場

★吊尾根を歩くのは2回目。初回の2001年8月は、奥穂高岳から吊尾根を通って紀美子平から前穂高岳に登頂し、重太郎新道で岳沢を経て上高地に下りました。

 

 

 モルゲンロート(朝焼け)をテント場で見る(5:42撮影)

 

 ザイテングラート

 

 穂高岳山荘(7:45撮影)

 

 

 

 奥穂高岳山頂(8:40撮影)

 

 富士山が見えた(8:50撮影)

 

 上高地河童橋あたり。林の中に帝国ホテルも(9:03撮影)

 

 前穂高岳と北尾根。そこに通じる「吊尾根」に入ります(9:08分撮影)

 

 「南稜ノ頭」!(9:15撮影)

 

 クサリ場だ!南稜ノ頭から、30㍍ほど・・・(9:26撮影)

 

 お尻をついて、慎重に下る。写真の御仁のように岩場でストックを使うと危険!

 

 涸沢カール

 

 こんな道。上高地側に登山道が付けられていて、トラバースするといった感じ。道幅は狭く、あしもとが切れ落ちているところもある。

 

 「分岐点」と、すぐ先に「最低コル」の表示。「分岐点」は前穂高岳に向かって稜線を歩くバリエーションルートで、一般道ではない。「最低コル」まで下ったら、この先、登ることになる。

 

 紀美子平が見えた(10:45撮影)

 

 紀美子平。標高2910m。奥穂高岳から2時間もかかっている。遅い! ここは休憩場所だが平らではない。前穂に登る場合は、ザックをデポして空身で標高差180mを往復する。(10:50撮影)

 

 帰りのクサリ場の写真

 

 なんだろう

 ライチョウ(12:38撮影)

 

 奥穂に戻る(12:47撮影)

 

 テント場

 

 

9月26日 涸沢テント場~パノラマ新道~上高地

 パノラマ新道

 

 河童橋に戻りました(11:54撮影)