北穂高岳で味わう至福のひと時

コンパクトデジカメ写真を使って趣味の登山のこと、海外旅行のこと、わが歩みなどを地味に備忘録として書いております。

山の雑学~「氷点下」の世界~霜柱・霧氷そして紅葉・富士山

 東京の最高気温が5.8度と低かった2019年12月7日。神奈川県の丹沢・塔ノ岳(標高1491㍍)では雪が積もるかも、などという淡い期待から、いそいそと山に向かいました。

 残念ながら雪にはめぐりあえませんでした。が、氷点下3度の塔ノ岳山頂では、代わりに霜柱霧氷、雪を頂いた富士山の雄姿が出迎えてくれました。

 

f:id:alps6717:20191209190455j:plain

立派に成長した霜柱 (2019年12月7日、塔ノ岳山頂で撮影)

 

冬の風物詩、霜柱

 初冬の冷え込んだ登山道を歩いていて、ついつい踏みたくなるもの――それは

霜柱」です。

 

 登山道からちょこっと外れたところにあって、踏みつけると氷の細い柱が折れて

ザクッザクッと心地よい音がします。楽しい、と思う気持ちは、大人も子供も変わらないと思います。

 

 

f:id:alps6717:20191209191214j:plain

霜柱を倒してみると、氷の柱は5センチもありました

 

 「霜柱」は、気温が氷点下になった時、土の中の水分が

毛細管(もうさいかん)現象」で地表にしみ出て、柱のように凍結したものです

 

 丹沢の大倉尾根を登っていて、花立山荘(標高1300㍍)を過ぎたあたりから、登山道わきで霜柱が表れ始めました。

 

f:id:alps6717:20191209192029j:plain

標高1300㍍ちょっとの「花立」でみた霜柱。奥は富士山

 

霜柱ができる条件

 霜柱って、どこでもいつでもできるものではないようです。

 いろいろ条件があるようです。

 まず、地表面が「零度以下」であって、土の中は零度以上という気象条件が必要です。土の中の水分が凍っていると、霜柱はできません。

 

 土にも条件があります。土は細かなすき間があることが決め手。登山道のように踏み固められたところには霜柱はできない。地中に適度な湿り気があることが大切で、カラカラでもたっぷりでもいけない。

 

 関東平野は「関東ローム層」という、周辺の火山の噴火で降り注がれた火山灰の層からできていて、霜柱ができやすい地域だそうです。

 

f:id:alps6717:20191209193930j:plain

写真手前の「白い花」!は、塔ノ岳山頂の霜柱です

 

f:id:alps6717:20191209194243j:plain

山頂。向こうに見えるのは・・・

 

f:id:alps6717:20191209194345j:plain

気温は、マイナス3度。少し風がきつい

 

霜柱のでき方

 霜柱ができる季節は、冬です。

 気温は氷点下になり、地表の土に「氷」が付く。これが最初の変化。

 次に地中の水分が毛細管現象」で表面の凍った粒をめがけて、細かな土の粒の間を上昇し、地表近くで外気にさらされて凍ります。

 地表で凍ると、水は体積が増えます。だから土が盛り上がります。また地中の水分はどんどん上がってくるため、凍った土は押し上げられて細い氷の柱になって上に伸びます

 みたところ氷の柱の直径は1ミリと細く、高さは5センチぐらい上に伸びます。それ以上伸びると、横になってしまうようです。

 

 

f:id:alps6717:20191209195752j:plain

霜柱のアタマには、土がのっているのです

 

 霜柱のアタマの上には、最初に凍った部分の「土」が付いた状態で、まっすぐ伸びます。枯れ葉を押しのけているのではなく、茶色の土を押しのけているのです。

 

 ただ、この霜柱、時には登山道の斜面を崩すことにもなりますので、全面的に歓迎されているわけではないようです。

 

 

f:id:alps6717:20191209200356j:plain

これが「霧氷」です

 

 「すごーい」。山頂で突っ立っていると、山ガールのお姉さんたちが登ってきて、スマホで写真を撮り始めました。

 「霧氷」です。

 

『霧氷』も素敵です

 

 霧氷は、ここ1491㍍の山頂まで登ってこないと、塔ノ岳では“拝む”ことができません。

  

 霧氷は、気温が「氷点下」の時に、空気中の水蒸気が風に乗って樹木や障害物にあたって、くっついてできる「氷」のことです。冬ならの現象です。

 

  霧氷とは別に、「樹氷」という自然現象もあります。

 ただし、樹氷「霧氷」の一種です。

 

 樹氷は気温がマイナス5度より低くなって、固まっていない霧が冷えた樹木や構造物にぶつかってくっつき、当たった面が凍りついたものです。

 

 次々とぶつかってきた水蒸気は、凍りついてから風上に向かって伸びていきます。成長していきます。「風下」ではありません。

 風上に向かってたくましく成長したものを「えびの尻尾」と呼んでいます。てんぷらのえびの尻尾というイメージです。

 

f:id:alps6717:20191209202741j:plain

えびの尻尾 (2007年1月21日 塔ノ岳山頂で撮影)

 

f:id:alps6717:20191209203019j:plain

富士山・・・鉄の支柱やロープにできた「えびの尻尾」 (2009年11月3日撮影)

 

ピークを過ぎた紅葉

 ところで、

 丹沢・大倉尾根の標高650㍍ぐらいでは、まだ「紅葉」が残っていました。

 ただ、ピークは過ぎていたようです。

 

f:id:alps6717:20191209203715j:plain

標高650㍍ぐらいにある紅葉の名所

 

f:id:alps6717:20191209203853j:plain

紅葉・・・

 

どこから見ても分かる、富士山

 

f:id:alps6717:20191209204219j:plain

塔ノ岳山頂からの富士山 (2019年12月7日正午撮影)

 

f:id:alps6717:20191209204526j:plain

富士山の右手は、雪をいただいた南アルプスの山々

 

f:id:alps6717:20191209204859j:plain

富士山の左手(南側)は、愛鷹山(あしたかやま)

 

f:id:alps6717:20191209205452j:plain

JR小淵沢駅からみた富士山・・・面白みがない

f:id:alps6717:20191209205800j:plain

東海道新幹線からみた富士山 (2019年12月8日、三島~新富士駅間で撮影)

 

 最後は、富士山について

 所用のため12月8日朝、新幹線で東京から愛知県に向かいましたが、途中の「新富士駅」手前でこんな車内放送がありました。


 「ご案内申し上げます。ただいま進行方向右手に富士山がきれいにみえておりますしばらくの間ではございますが、ご覧ください

 

 JR東海さんによる気配りです。

 6合目から上に白い雪を頂いた富士山。1707年に噴火したときにできた「宝永火口」も、山腹の右端にきれいに見えました。

 

 ただ、、富士山を紹介したアナウンスは日本語のみ。訪日外国人も増えていることですから、天気の良い日には英語でMt・Fujiを紹介することも検討してみてはいかがでしょうかと思いました。