北穂高岳で味わう至福のひと時

コンパクトデジカメ写真を使って趣味の登山のこと、海外旅行のこと、わが歩みなどを地味に備忘録として書いております。

山に想う~雪景色の丹沢・塔ノ岳(大倉尾根)

 記録写真集です。感じの良い写真も撮れました。

 2020年1月18日、土曜日。体力チェックのために昔から登っている神奈川県西部の丹沢山塊・塔ノ岳に、大倉尾根ルートで行ってきました。

 

 降る雪の中を歩きたかったからです。雪はやっぱりいいです。雪に閉ざされる地域の方には申し訳ありませんが・・・。

 

f:id:alps6717:20200118213248j:plain

枝に雪が・・・標高650㍍

f:id:alps6717:20200118213520j:plain

幻想的・・・標高690㍍

f:id:alps6717:20200118213716j:plain

上と同じ場所です

 

 テレビの天気予報はこのところよく外れますが、18日は山では雪が降る、というんで、半信半疑ながら山に向かいました。

 朝8時過ぎに標高291㍍のバス停から歩き出した時は、雨。それが標高400㍍で、みぞれ。500㍍で雪に変わりました。

 

f:id:alps6717:20200118214342j:plain

登山口は、雨でした

f:id:alps6717:20200118214536j:plain

桜の名所も、今日は雪化粧です

 

 標高1491㍍の山頂の積雪は10センチほど。アイゼンをザックから出すのが面倒なので、登りは重登山靴で、凍った雪面を蹴りこんで難なく登頂しました。

 山頂の気温はマイナス4度。

 

f:id:alps6717:20200118214933j:plain

塔ノ岳山頂です。人影は超まばらです。

f:id:alps6717:20200118215048j:plain

山頂です。

f:id:alps6717:20200118215147j:plain

いい感じです。

 

 ところが下山時は様子が違いました。

 

 ゴツゴツした直径数センチから10センチ前後の石ころというか岩が雪の下に隠れていて、登山者からは見えません。下り斜面で、片脚を雪面に降ろして全体重をそこに乗せようとした瞬間、ズルーッ。

 ちょっとまずい、ということで、ザックからストックを1本外して、支えにして下ります。

 

 でも、ふもとに着くまで何度もバランスを失って、転倒しそうになりました。(転びませんでしたけど・・・)。

 下りは怖いです。疲労も重なっていますしね。

 ほとんどの人がアイゼンを着けていましたが、その方が正解です。

 

 東京、神奈川で人気の塔ノ岳ですが、この日の登山者は100人いませんでした。

 

f:id:alps6717:20200118215848j:plain

雪の下に隠れた石ころが怖いです。浮いていますから、乗るとひっくり返ります。