北穂高岳で味わう至福のひと時

標高3000㍍の北アルプスに登っていたころの記録、国内外の旅行、反戦平和への思いなどを備忘録として載せています。

長野県観光列車「ろくもん」でグルメの旅

 軽井沢駅に停車中の観光列車「ろくもん」。

 

 

 毎日3度のメシで世話になっている奥様に、たまにはゴマをすっておこうと旅行に誘い、昼食付の観光列車で2023年11月19日、長野県に泊まりがけで行きました。

 

 乗ったのは、軽井沢から長野まで走っている『しなの鉄道』の光列車「ろくもん」。奥様は食事に満足し、付き人の私は、雪をいただいた浅間山の姿に心が躍りました。

 

もくじ

 

 

 

観光列車「ろくもん」とは?

 これが「ろくもん」3号車の車内

 

 「ろくもん」は、長野県の軽井沢と長野駅の間、約75キロを走る臨時の快速列車です。3両編成で、週末に1日1往復しています。2014年夏から運行しているとのことです。

 

 運営している会社は、第三セクターの「しなの鉄道」。

 「しなの鉄道」という鉄道会社のことは、この旅行を計画する時まで知りませんでした。

 北陸新幹線の「東京」~「長野」間が1997年10月に開業した時に、新幹線と並行して走る「信越本線軽井沢~篠ノ井間」についてJR東日本から経営を受け継いだ会社だとか。

 

 

名前の由来は?

 「ろくもん」という名前の由来ですが、ちょっと調べてみたところ、鉄道沿線の長野県上田市が戦国時代の武将・真田幸村(=本名は信繁)ら真田一族の本拠地だったことから、真田一族の家紋六文銭(ろくもんせん)』にちなんで愛称を「ろくもん」にしたようです。

 

 ちなみに、「真田幸村(さなだ・ゆきむら)」という呼び名は、真田信繁の死後数十年経ってから軍記物語に「真田幸村」として登場し、これが講談で超有名になったために以後、実名ではなくて「幸村」が定着したそうです。

 

 

「ひのもといちのつわもの」と称賛された真田幸村

 真田幸村こと真田信繁(のぶしげ)は、徳川家康が豊臣家をほろぼして名実ともに天下統一を成し遂げた「大坂の陣」では、豊臣方につきました。

 

 真田幸村は、1614年の「大坂冬の陣で、徳川家康大阪城に籠城した豊臣秀頼(=秀吉の子)の軍を包囲した時、大阪城の外堀の外に真田丸(さなだまる)という出城を築いて、ここを拠点に徳川方の猛攻を撃退。このいくさを引き分けにしました。

 

 そして翌年の大坂夏の陣では、幸村は城外に出て家康の本陣に2度にわたって迫り、家康が自害を覚悟したと伝えられるほど追い詰めました。

 しかし多勢に無勢、幸村は討ち死にしました。

 

 真田幸村の勇猛果敢な戦いぶりは諸大名から評価され、後日、幸村の武勇伝を知った薩摩藩主・島津忠恒(ただつね)は国許(くにもと)に送った手紙の中で、「真田日ノ本一の兵(ひのもといちのつわもの)、古(いにしえ)よりの物語にもこれなき由(よし」(島津藩記録集『薩藩旧記雑録(さっぱんきゅうきざつろく)』)と、幸村をたたえています

 

外から見た「ろくもん」のボディ

 真田一族を強く意識した「ろくもん」です。

 車体の色は、濃い赤色。これは『真田の赤備え(あかぞなえ)』をイメージした車両です。

 

 幸村が率いる真田の軍勢は「大坂冬の陣」「大坂夏の陣」で胴を守る鎧(よろい)や頭を守る兜(かぶと)などの武具を赤色で統一し、家康の軍勢に挑みました。

 その様子が後年、「真田の赤備え」と言われるようになったそうです。

 

 真田一族の家紋は「六文銭(ろくもんせん)」と呼ばれました。6枚の一文銭を上下に3枚ずつ横に並べたもの。いくさの時の「「のぼり旗」や、幸村の兜に付けられました。

 その六文銭が車体に描かれています

 

 

 「六文銭」のほかにも「結び雁金紋(むすびかりがねもん」という家紋もありました。水鳥の「雁」を図案化した家紋で、鳥の羽を丸くねじった格好です。

 こちらは真田一族が、いくさのない平時に使ったそうです。
 

 

 

車内の構造

 車内の特長の1つは、長野県産の木材を座席やテーブル、床など各部分に使っているということです。

 1号車はカラマツ、2号車はスギ、3号車はヒノキを主に使うという凝りようです。

 

【3号車】

 3号車は2人連れの旅行者向けの車両です。

 

 通路の両側に障子を配置して個室のように区切り、ぬくもりのある空間で食事を楽しめるようにつくられていました。

 

 窓枠などにも長野県産のヒノキを使って「和室」のように見せています。

 列車の車内にいるということを、しばし忘れさせてくれます。

 

 天井部分。

 

 木の棚。

 

 通路の奥の車両の端っこには、ノレン。

 

 

 車いす対応のトイレ。

 

 

【2号車】

 2号車です。(「上田駅」に停車中に撮った写真。)カウンター席もあって沿線を眺めながら食事を楽しめますね。

 

 ソファー席もありました。

 

 バーカウンター。

 

 記念撮影用のコーナー。

 

【1号車】

 こちらは1号車。家族連れやグループ向けの車両だそうです。2人掛けと4人掛けのイスやソファーが配置されています。

 1号車は食事のサービスがありません。乗車券と指定席券だけで乗車できるとか。

 

 1号車の車両の中央には、写真のようなコーナーがありました。子どもの遊び場。木製の玉が敷き詰められていて、中に入れます。

 

 

食事のメニュー

 さて、いちばん大事な「食事」です。

 信州産の食材がたくさん使われていました。

 

前菜5種。

①蓼科麦豚(たてしなむぎぶた)と信州茸(きのこ)のテリーヌ ビーツのソース

②信州茸のムース 信州サーモンのポワエ添え

③柿のロースト リコッタチーズと生ハム

④信州産ふじ林檎酢(りんごす)で漬けた信州野菜の自家製ピクルス

安曇野信州シャモと高原野菜の信州林檎のソースマリネ

 

信州味噌(みそ)のフォカッチャ 胚芽パン

 

スープ (※カボチャが入っていました)

 

安曇野信州サーモンのグラタン仕立て

太郎ポークのガランティヌ

蓼科牛サーロインのロースト

 

濃厚パンナコッタ

信州林檎と赤ワインのコンポート添え

さつまいものブレットケーキ

 

ほうじ茶

 

お土産

 

 利用料金は、運賃込みで1人、1万5800円

 むずかしい名前の料理ばかりで私には理解できませんでしたが、おいしかったです。ぜいたくをさせていただきました。

 

 

客室乗務員や駅員による「おもてなし」

 しなの鉄道のスタッフは乗客に、一生懸命サービスをしていました。

 

 観光列車「ろくもん」が出発する軽井沢駅では、ホームで客室乗務員が「ほら貝」を吹くと、ドアが開きました。

 戦国時代の合戦をほうふつとさせるイベントでした。

 

 最高の景色です。浅間山(標高2568メートル)です。

 信濃追分駅を過ぎてすぐ、客室乗務員が通路を歩きながら「間もなく浅間山をご覧いただけます。進行方向右手をご覧ください」などと案内してくれました。

 説明によると、昨夜雪が降ったそうで、うっすらと雪化粧していました。

 

 浅間山をゆっくり鑑賞できるように、信濃追分御代田駅間で1分間ほど臨時停車してくれました。

 

 ここは上田駅。10分間の停車時間中に、ホームでは「ろくもん」を背に、客室乗務員の方が記念撮影のサービスをしてくれました。

 

 沿線の保育園では園児やお母さんが手を振ってくれました。

 駅員も停車駅を出る時にはホームで客を見送るというサービスぶりでした。

 

 

観光列車「ろくもん」にかける期待

 「ろくもん」を運行しているのは「しなの鉄道」という第三セクターの会社です。JRの本体ではありません。なぜ第三セクターか、ということですが・・・・・

 

 背景には、1997年10月JR東日本による北陸新幹線「東京~長野間」開業という事態がありました。

 

 北陸新幹線開業によって並行して走る在来線の「信越本線軽井沢~篠ノ井間」約65キロはJR東日本にとって「お荷物」になったのです。

 そこでかねてからの申し合わせ通り、政府と自民党はこの区間の在来線をバッサリ切ったのです。

 

 しかし、です。切り捨てられる区間は、沿線住民の生活面の「足」ですので、長野県が中心になって沿線の自治体と民間企業が共同出資して「第三セクター」の「しなの鉄道」(本社・上田市)を設立し、鉄道を経営することにしたのです。

 出資割合は、長野県が74%、長野市など沿線の11の市と町が計17%、八十二銀行はじめ地元の企業・団体9%。(2023年7月現在)

 

 そして「ろくもん」という観光列車を走らせることによって客を確保し、利益をひねり出そうとしているわけですね。

 ただ、コロナ禍で落ち込んだ鉄道の利用者は回復傾向にあるものの、電気料金が高いために「今年度末の決算は1億円超の赤字が見込まれます」と社長が8月の会見で言っています。

 なんとかがんばってほしい。

 

 

www.shifukunohitotoki.net