山の雑学~登山計画書~

f:id:alps6717:20190427105638j:plain

上高地にお住まいの方です

 登山計画書って?

 登山者が山に登ろうとする時、その山を管轄する都道府県の知事あてに事前に提出する書面です。

 「自分が好きで山に登るんだから、いちいち役所がかかわらないで欲しい」「書くのが面倒くさい」なんて、反発したり無視する人もいるようですが、登山計画書の提出を義務付ける動きが自治体の間に出てきました。金銭的な制裁を科す自治体もあります。遭難が後を絶たず、しかもどの山に登ったのか分からなくて捜索が難しい事例が少なくないことが背景にあります。

計画書の形式や書く内容は?

 計画書には、決められた様式はありません。内容もガチガチに決まっていません。ただ、最低限必要だと思われる情報は以下の通りです。

●登山者の名前、住所、性別、年齢、携帯電話番号

●山域、山名、期間、詳細な日程、エスケープルート

●装備品の内容

●緊急時の(電話)連絡先

●山岳保険への加入の有無

●山岳会に所属する場合は名称、連絡先

 

なぜ書くの?

  登山者から110番で救助要請があった時に最初に動くのは、警察です。捜索に向かう時、事前に計画書が出されていれば、救助を必要とされている人がどういう日程でどこを歩き、どんな装備を持っているかが分かります。持っている装備の内容から、遭難した人の様子や生きている可能性も推測でき、どういう捜索態勢をとるか方針を決めるうえでたいへん役に立つのです。

 一方、こちらの方がもっと大切だと思うのですが、登山者自身が登山計画書を書くことによって、日程に無理はないか、装備に問題はないかなどきちんと自分の頭で確認できる、という意義が大きいんです。

 

提出場所は?

 これまでは警察本部に事前に郵送したり、登山口のポストに投げ込んだりしてきましたが、最近ではインターネットでの受付をお役所の方がするようになりました。

 穂高連峰に上高地から入山する場合、長野県知事あてに出しますが、県のホームページの「ながの電子申請サービス」というサイトから届出をすることができます。手続きは簡単で、警察サイドも確実に受理できますので便利だと思います。

 

提出しなかった場合はどうなるの?

  長野県は「登山安全条例」を定めていて、2016年7月1日から遭難が多発する山域に入る場合に、提出を義務付けました。槍・穂高連峰への登山道も当然ここに入っています。ただし、義務に違反しても罰則規定はありません。

 岐阜県は2014年7月に「山岳遭難防止条例」を制定して登山届の提出を義務化し、北アルプスの冬山に届け出せずに入山した場合、「5万円以下の過料(あやまちりょう)」を科すことにしました。ただ、この過料というのは“行政上の秩序罰”に分類されるもので、“刑罰”である「罰金」や「科料(かりょう)」とは異なります。ちなみに罰則(過料)を適用された事例は、2017年は2件、2018年は1件だったようです。