北穂高岳で味わう至福のひと時

北アルプス穂高連峰に登ったり、丹沢を歩いて20年余。見たこと、気になって調べたこと、政治・社会問題への感想を備忘録として書いています。

ニュース深掘り~池上本門寺に眠る有名人の墓めぐり

東京の池上本門寺大田区)の境内を4月27日、歩いてきました

 

f:id:alps6717:20200429095424j:plain

池上本門寺近くで見たツツジ

 

 広い墓地に、歴史上の人物やニュースに登場した著名人が眠っているお寺です。

 

f:id:alps6717:20200429095701j:plain

薄いピンクが鮮やかです

 

境内に96段の石段があって、この上り下りは登山のための脚力維持に役立つため、時々お世話になっています。

 

f:id:alps6717:20200429100743j:plain

 

f:id:alps6717:20200429101147j:plain

石段は、信者でもある肥後熊本藩初代藩主・加藤清正が寄進したとか


折しも「新型コロナ」の感染が拡大中。時折、小雨の降る中、マスクをしたうえで人との距離を2㍍ほど保つという、ソーシャル・ディスタンスを意識して歩き、墓前で故人の生きざまに思いをはせました。

 

  

 ここに載せたのは、私が興味を抱いた墓や記念碑です

 

力道山

幸田露伴

▼出羽米沢藩 上杉家

▼肥後熊本藩 細川家

河上彦斎(げんさい)

▼於須磨の方(おすまのかた)

永田雅一

児玉誉士夫

大野伴睦

狩野探幽

紀伊徳川家

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

力道山

f:id:alps6717:20200429104330j:plain

力道山之像

f:id:alps6717:20200429104434j:plain

左の巨岩には、「力道山之碑 児玉誉士夫」と書かれている

 

力道山(りきどうざん)はプロレスラーです。と言っても、知らない人が多いかもしれません。1963年に亡くなっていますから。

 力道山が活躍したのは、民間テレビ放送が白黒の画面で始まって間もない1960年前後のこと。シャープ兄弟とかブラッシーという米国の一流レスラーを相手にリングで闘い、額から出血して劣勢に立っても、得意の“空手チョップ”という技で相手をギブアップさせるシーンに、テレビを見ている日本人は大喜びしたものです。

 

f:id:alps6717:20200429105229j:plain

案内板

 

墓は、境内の五重塔から200㍍ほど先にあります。案内表示板もあります。この日も雨の中を参拝に来た人がいました。

 

 

 

 

幸田露伴

f:id:alps6717:20200429105622j:plain

幸田露伴の墓

 

幸田露伴(こうだろはん)は、明治時代を生きた小説家。夏目漱石森鴎外と一緒に、教科書に出てくる人です。試験の前に、作品についても「幸田露伴五重塔」と丸暗記しました。本は読んでいません。

 

 お墓は、国の重要文化財になっている五重塔の裏というか、横にあります。ただ、作品のモデルになった五重塔は、ここではありません。

 墓石には、露伴幸田成行と書かれています。

 

 

 

 

出羽米沢藩上杉家の墓所

f:id:alps6717:20200429110356j:plain

上杉綱憲正室(本妻)の墓

 五重塔のすぐ近くにあります。

 上杉綱憲(つなのり)は、出羽米沢藩(現・山形県米沢市)の藩主。吉良上野介義央の長男で、上杉家に養子入りしました。

 吉良邸に討ち入りした赤穂浪士を討とうとしましたが、幕府からの使者に出兵を差し止められました。テレビドラマの「赤穂浪士」で見られるシーンです。その上杉綱憲の本妻がここに埋葬されています。

 

 

 

 

肥後熊本藩細川家の墓所

f:id:alps6717:20200429112808j:plain

f:id:alps6717:20200429112932j:plain

 肥後熊本藩細川家の墓所は、米沢藩上杉家の墓所の奥にあります。

 2基の立派な宝塔は、藩主の側室(側室=本妻以外の奥様)の墓。そのさらに奥には、背丈のある宝塔と多数の墓碑。いずれも細川家ゆかりのものらしいです。

 

 

 

 

河上彦斎(かわかみ・げんさい)

f:id:alps6717:20200429114017j:plain

河上彦斎(げんさい)の「記念碑」。右奥に「墓石」がみえます

 河上彦斎(げんさい)は、幕末の肥後熊本藩の下級武士です。

 

墓は、細川家の墓地の一角にあります。墓石の側面には、「通称 高田源兵衛」と書かれています。墓の前には記念碑が建っていて、「河上彦斎先生碑」とあります。

 

 河上が生きた時代は、米海軍のペリー提督が艦隊を率いて浦賀沖に現れ、鎖国政策をとっていた江戸幕府に「開国」を迫った激動期でした。

 河上は、天皇を敬い外国を追い払うという「尊皇攘夷」思想の強固な持ち主だったようです。

 河上は、佐久間象山(さくましょうざん)を京都で暗殺した人物として、歴史に名をとどめています。

 佐久間象山は、公家(天皇)と武家(幕府)の関係を強めるという「公武合体(こうぶがったい)派」で、かつ、開国を主張する有力者でした。

f:id:alps6717:20200429120013j:plain

墓石の側面にある「通称 高田源兵衛」の文字

 明治維新後、河上は「高田源兵衛(こうだげんべえ)」と改名しました。

 明治政府は維新後、開国にかじを切りましたが、相変わらず排外主義的な攘夷論を周囲に説き続ける河上を危険視し、政府の転覆を企てたという疑いをかけて投獄。河上は斬首されました。

 

 

 

 

於須磨の方

f:id:alps6717:20200429121006j:plain

 

 於須磨の方(おすまのかた)の墓は、五重塔から力道山の墓に向かって進んだ右手にあります。

 

 江戸幕府第8代将軍の徳川吉宗は、将軍になるまでは徳川御三家のひとつ、紀州藩の藩主でした。その時の側室が於須磨の方です。第9代将軍徳川家重の生母でもあります。

 吉宗が第8代将軍になる前に、赤坂の紀州藩邸で亡くなりました。

 

 

 

永田雅一

f:id:alps6717:20200429122801j:plain

 

 永田雅一(ながたまさいち)氏の名前は、映画会社「大映」の社長ということで知っていました。時代劇の名作を作っていますね。

 

 力道山の墓に向かう途中、左側にあります。道に面したスペースは更地ですが、右奥に、狛犬がちらりと見え、通行人ににらみをきかせています。

 

f:id:alps6717:20200429123420j:plain

 墓地の左外側を少し進んで右を見ると、このような立派なお墓が目に入りました。

 

 

 

児玉誉士夫

f:id:alps6717:20200429123731j:plain

 

 児玉誉士夫(こだまよしお)氏といえば、田中角栄元首相が東京地検特捜部に逮捕された「ロッキード事件」を連想します。政財界のフィクサーとも言われました。

 児玉氏が脱税などで起訴された後、世田谷区等々力の児玉邸に、ポルノ俳優が日の丸の鉢巻をしてセスナ機を操縦して突っ込み、爆発・炎上する事件があったことを思い出します。

 墓は、永田雅一氏のはす向かいにあります。

 

 

 

 

大野伴睦

f:id:alps6717:20200429124722j:plain

トラが植え込みから「ガオーッ」

f:id:alps6717:20200429124757j:plain

 

 大野伴睦(おおのばんぼく)氏の墓は、児玉氏より、少し奥にあります。「トラ」の像が敷地の入り口をにらんでいます。

 大野伴睦氏は岐阜県選出の元衆院議員で、自民党の副総裁だった政治家です。

 

 “大野伴睦”と聞けば、東海地方出身の私は、新幹線「岐阜羽島駅」を連想します。

 岐阜羽島駅ができることが決まった時、「田んぼの中の、店もないところになんで駅をつくるの?」「名古屋駅がすぐそばなのに、岐阜県にそもそも駅をつくる必要があるの?」というのが、当時の大方の考え方でした。

 地元・岐阜選出の国会議員が政治力を発揮して、県内有力者や国鉄の間の調整をしたんだろう、と冷ややかに思ったものです。

 

 大野氏が残した有名な言葉に、こんなのがあります。

「サルは木から落ちてもサルだが、代議士は選挙に落ちればただの人

 

 

 

 

狩野探幽

f:id:alps6717:20200429131604j:plain

 

 狩野探幽(かのうたんゆう)は、江戸時代の狩野派を代表する「絵師」です。

 その墓は、日蓮宗をおこした日蓮が荼毘(だび)にふされた場所に建つ宝塔のそばにあります。

 

 「絵師」というのは画家のこと。いまふうにいえば、イラストレーターでしょうか。「狩野派」あh室町時代から江戸時代まで400年にわたって活動した画家集団です。

 

 狩野探幽は、江戸城、二条城、名古屋城などの障壁画の制作に、狩野派一門の総帥として参加したそうです。

 

 

 

 

紀伊徳川家の墓所

f:id:alps6717:20200429132150j:plain

f:id:alps6717:20200429132304j:plain

 

 池上本門寺宝塔を見下ろす位置が、紀伊徳川家の墓域となっています。横に並ぶ4つの大きな石塔のうち、右端が「お万の方(おまんのかた)」の供養塔です。

 

 紀伊徳川家は、「将軍家」に次ぐ地位を持つ徳川御三家」のひとつ

 お万の方は、家康の側室です。のちの紀伊徳川家の初代となる頼宣(よりのぶ)と、水戸徳川家の初代となる頼房(よりふさ)を生みました。

  テレビドラマで人気の「水戸黄門」で知られる「水戸光圀」は、孫にあたります。

 お万の方は敬虔な日蓮宗の信者だったそうです。江戸紀州藩邸で亡くなりました。