北穂高岳で味わう至福のひと時

コンパクトデジカメを使って趣味の登山のこと、過去の海外旅行のこと、いまの世相に思うことを備忘録として書いています。

外国の街の記憶~「政府専用機」と1996年のバンコク(タイ)の風景

 タイのバンコクに、政府専用機の末席に乗せてもらって行く機会がありました。1996年2月29日から3月3日までの旅。

 その記録です。

 

f:id:alps6717:20200704080452j:plain

 政府専用機ですが・・・

これは首相が外国に赴くときに使われる飛行機です。天皇や皇族が使う時もあります。

 「空飛ぶ首相官邸」などと、しゃれた呼び方をする人もいます。

 

 アメリカのボーイング社製の「ボーイング747-400型機」を改造して、

1993年4月から運航が始まりました。

 

 

f:id:alps6717:20200704081236j:plain

 運航を担当しているのは、航空自衛隊千歳基地の特別チームです。格納庫も千歳基地にあります。(写真は、バンコクに到着したシーン)

 

 白い機体に、「日本国 JAPAN」の文字と日の丸・・・

 

 

f:id:alps6717:20200704081606j:plain

 垂直尾翼にも「日の丸」が描かれています。

 政府専用機が運航を始める前は、首相の外国訪問の時には日本航空の機体をチャーターして飛んでいました。

 

 

f:id:alps6717:20200704082006j:plain

 上の写真の政府専用機は1993年4月から26年間飛んで、2019年3月に退役しました。318回飛行したそうです。

 2019年4月からは新しく、ボーイング777-300ER型機」が使われているとのことです。

 

 

f:id:alps6717:20200704082533j:plain

 さて、

写真は、1996年2月29日に撮ったバンコク市内の様子です。

 1986年、1991年、1993年に仕事でここに来ていますが、訪れるたびに

乗用車が増えていることが分かります。

 

 

f:id:alps6717:20200704083132j:plain

 

f:id:alps6717:20200704083148j:plain

 

f:id:alps6717:20200704083227j:plain

 

f:id:alps6717:20200704083242j:plain

 しかし、線路を歩く人も・・・

 

f:id:alps6717:20200704083332j:plain

 

f:id:alps6717:20200704083346j:plain

 

f:id:alps6717:20200704083412j:plain

 

f:id:alps6717:20200704083428j:plain

 

f:id:alps6717:20200704083443j:plain

 

f:id:alps6717:20200704083455j:plain

 おなじみセブンイレブン。ちょっと水を買うのにも便利な店でした。

 

f:id:alps6717:20200704083508j:plain

 

f:id:alps6717:20200704083526j:plain

 高級ホテルもあります。

 

 

f:id:alps6717:20200704083727j:plain

 政府専用機の中からみたバンコク国際空港(ドンムアン空港)です。

正面には、もう1機の政府専用機がとまっています。

 

 政府専用機は2機がセットで飛んでいるんです。2機目は、首相が乗った機にトラブルが起きた時のための予備機で整備士らが乗り込み、だいたい10分後に追いかけてきます。

 

 

f:id:alps6717:20200704085109j:plain

 3月3日、バンコクにお別れです。

 

 

f:id:alps6717:20200704085227j:plain

 

f:id:alps6717:20200704085252j:plain

 機内です。機体の前部は、首相夫妻や秘書官、会議室、それに随行の関係省庁スタッフがすわり、最後部に報道関係者が座ります。

 

 

f:id:alps6717:20200704085544j:plain

 機体後部はごらんのとおり、広くないです。

 

 

f:id:alps6717:20200704085729j:plain

 政府専用機について、こんなエピソードがあります。

 羽田空港を飛び立ってから数十分してからだと思いますが、左の窓の外の景色を見ていますと、ゆっくりと通り過ぎていく戦闘機の機影が目に入りました。航空自衛隊の「F15戦闘機」でした。パイロットが手を振っているのが見えたのです。

 ビックリしていると今度は左右の翼を2度、3度振ったかと思うとスーッと滑るように去っていきました。見送りなんでしょうね。

 

 もう1つ、別の機会ですが――

あと1時間ぐらいで羽田に到着だね、とホッとしていた時、窓の外に

「F15戦闘機」が近づいてくるのがみえ、反対の窓にもF15の機影が目に入りました。これも出迎えの儀式なんでしょうね。

 30年近く前の、今より良き時代?のひとコマです。